「ポルノとは違うの」。女性写真家が撮るオーガズムの瞬間

オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。

フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「Moments(瞬間)」というシリーズで撮るのは、様々な男女のリアルなオーガズムでした。

世界に新たな
「セクシャリティ」の提案

「セクシャリティ」に対する新しい考え方を、社会に提案したかったの。

そう語る彼女にとって、「セクシャリティ」は肉体的なものだけでもなければ、もちろんポルノ業界が見せるものがすべてというわけでもありません。

だからこそ彼女は、「体ではなく顔」を撮影することに決めたのです。なぜなら、オーガズムの瞬間の表情は、コントロールできません。そんな生の表情こそが、彼女の写したいものだったのです。 

オーガズムのもつ
パワーを感じてほしい

この作品を展示した1〜2回目は、これらがオーガズムの写真だとは誰にも言わなかったそう。それは彼女にとって「言葉を介さないコミュニケーションは可能なのか」という実験でもありました。

言葉ではなく、写真からオーガズムの瞬間のエネルギーや感情を感じ取ってほしい、それがテーマでした。

ひとりの友人から始まり
世界へ

このシリーズは、まずAlinaと友人をモデルに始まったそうです。こういったテーマに対してオープンなAlinaがプロジェクトについて説明し、すでに撮った写真を見せ、撮影OKかどうかをモデル候補に聞いたのだそう。

プロジェクトについて知ってもらうほど、みんなが興味を持ってくれるという手応えを感じていたAlina。最初のモデルは友だち、次は友だちの友だち、そしてプロジェクトに参加したいと連絡をくれる世界中の人へと、その輪は広がっていきました。

撮影OKなら
ワインを持って訪ねていく

プロジェクト参加希望の人がいたら、だいたいの場合ワインを持って、夕方にその人の家を訪ねるのだとか。そして少しおしゃべりをして雰囲気を作り、お互いに気持ちの準備ができたら、撮影開始。

モデルが“自分で”したり、時には誰かに手伝ってもらいながらオーガズムに達するのを待ちます。Alinaは部屋で一緒に待っていることもあれば、一旦部屋を出て最後に戻ってくることも。その瞬間がきたら、5〜10枚のカットを抑える。

「オーガズムに達するとき、カメラを通して“つながっている”感じがするの。ポジティブなエネルギーの波が、私のなかに入ってくるみたい」

こうして捉えられた「瞬間」が、このシリーズなのです。プロジェクトはまだ続いていて、彼女の写真やフォトブックも購入可能。リアルなパワーを感じてみては?

Licensed material used with permission by Alina Oswald
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...