女性のオーガズムの瞬間。その表情にフォーカスしたフォトグラフィー

リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです。

彼がインスピレーションを得たのは、女性のオーガズムの瞬間の表情でした。

見ての通り、ポルノではありません。その表情だけにフォーカスしていることがわかります。そのため、ロケーションもできるだけセクシャルなイメージとはかけ離れたアウトドアや、廃墟、車の中。その様子はまるで、オーガズムからセクシャルを剥ぎ取ったかのよう。

これまでにも、男女問わずオーガズムの瞬間をとらえた作品は多数ありましたが、その多くがセクシャルなイメージを押し出したもの。ここまで表情のみに注力し、そしてアーカイブしたものは少なかったはず。

当然、モデル探しは難航

発表しているのは、15人分の写真。アルベルトいわく「被写体になってくれるモデルを探すことが一番大変だった」とのこと。「僕はこのプロジェクトにクリシェを望んではいなかった。演技はごめんだったんだ。人はみな個性があってちがうだろう?オーガズムだって、人それぞれだ。このアートの目的はマインドにある。クリシェでは、人を考えさせることはできないんだよ」。

本気でオーガズムの瞬間を撮影できる被写体のみを探していたわけです。

アルベルトは、リトアニアの高校を優秀な成績で卒業、その後はリトアニア大学の教育学部でポーランド語を専攻しながら、生態学と身体鍛錬(フィジカル・カルチャー)を学んだそうです。さらに、哲学、心理学、芸術史を学んだことも、彼の作品に影響を与えました。ちなみに、写真家としてのキャリアは、30歳を越えてからだそうです。

Licensed material used with permission by Albert Pocej, (Facebook)
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
映画『アイアンマン』シリーズなどへの出演で知られる女優グウィネス・パルトロウが、自身で設立したライフスタイルブランド「Goop」から、オーガズムの香りがす...
女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
スマホアプリで遠隔操作できるセックストイが急増中。海外のショップに限らず最近は日本でもよく見かけるようになり、もはや定番といっても過言ではないのかも?今回...
女性が、もっともオーガズムを感じるのは何歳?そんな疑問にお答えしていきます!
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
さまざまな切り口で現代女性の価値観を記事にする「Elite Daily」人気ライターのGigi Engle氏。今回のテーマはズバリ「なぜ年齢が上がるにつれ...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
「言葉にできない」と、思っていたけれど。
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。