「オーガズムの演技」について、2,000人に調査してみたら…

たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。

そんなとき、つい「イったふり」をしたことがある、という人も多いのでは?ヨーロッパとアメリカで、合計2,000人の男女を対象にした調査結果を見てみましょう。

「イったふり」
女性68%・男性27%

女性の68%が「オーガズムのふり」をした経験があると回答する一方、男性は27%とかなり少なめ。ちなみに、ヘテロセクシャル(異性愛者)、バイセクシャル(両性愛者)、ホモセクシャル(同性愛者)で分けて見ても、女性のほうが多い、ということに変わりありませんでした。

ヘテロセクシャル68%、バイセクシャル67%、ホモセクシャル59%と、ヘテロセクシャルの女性が最も多いという結果にはなりましたが、それほど大きな差はないと言えます。

しかし男性を見てみると、ヘテロセクシャル25%、バイセクシャルの34%しか「オーガズム」の経験がありません。ただ、ホモセクシャルの場合は48%と差が出る結果に。

ところで、
本当に「イった」経験は?

セックスのとき「毎回オーガズムに達する」という男性は44%なのに対して、女性は9%と、その差は約5倍。

ちなみに、男性の70%が「イッたふりなんて、一度もしたことがない」のに対して、女性は32%。

男性のほうが状況的に分かりやすいので「ふり」をしない、ということもあるのでしょうか。

アメリカと
ヨーロッパでの違いは?

同じ質問をアメリカ人、ヨーロッパ人にしたところ、アメリカ人は53%が「Yes」と答えたのに対して、ヨーロッパ人は36%でした。アメリカ人のほうが「ふり」が多いのはちょっと意外かも…。

ちなみに「パートナーのベッドでのテクニックは?」という質問の答えもおもしろいです。

アメリカ人は27%が「平均以上」、同じく27%が「平均的」、46%が「平均以下」と不満が強し。

ヨーロッパ人は40%が「平均以上」、25%が「平均的」、35%が「平均以下」と満足度 が高し。

これを踏まえると、「イったふり」はテクニックの問題に紐づいているのかも!?

「ふり」をしたのは
どんな状況?

アンケートを見ると、付き合いが長くなった男女のほうが「ふり」をすることが多くなるようです。およそ31%の人が、長い付き合いだとセックスの満足度が下がり、「ふり」を。

ちなみに、女性が「ふり」をするのは相手を傷つけないためであることが多いようですが、男性は「一夜限り」のときに多いようです。

ただし、男女ともに結婚後は「ふり」が減っていきます。永遠を誓ったパートナーには性的にも満足しているためか、もしくは結婚したらもう「ふり」をする必要もなくなるということでしょうか…。

「ふり」をしたとき
パートナーにどう思う?

「なんとも思わない」というのが女性では48%、男性では54%。「恥ずかしい」と答えたのは女性4.7%なのに対して、男性は9%とやや多め。

そして、25%の女性は自分の「ふり」について「感謝に値すると思う」と答えていて、7%が「ふりをしなきゃいけないことにうんざりしている」とも回答。

 「演技」だとバレたとき…
どうする?

相手が「ふり」だと分かったときの反応は、男女で異なるようです。

31%の女性は、演技だとバレたあと「パートナーがもっと頑張るようになった」とか。でも、28%の女性は「パートナーがうんざりしたり、恥ずかしがったりした」と。

男性の場合は、21%が「ケンカに発展した」という結果に…。そして15%は、それがきっかけで別れてしまったのだとか。

バレたあとも
まだ「演技」を続けた?

この質問には、女性の60%、男性の27%が「Yes」。

Licensed material used with permission by DrEd.com

関連する記事

女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
映画『アイアンマン』シリーズなどへの出演で知られる女優グウィネス・パルトロウが、自身で設立したライフスタイルブランド「Goop」から、オーガズムの香りがす...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
女性が、もっともオーガズムを感じるのは何歳?そんな疑問にお答えしていきます!
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...