2,000日連続でディズニーランドに通った男性にインタビューしてみた。

世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・リゾートに5年半以上通い続けています。そこから数えると、去る6月22日でちょうど2,000日!

偉業を成し遂げた彼には、今どんな想いがあるのでしょうか?

マジック・キングダムでキャストをしていた自分はそれを聞かずにはいられなくなり、コンタクトをとったところ、彼はたくさんの質問に答えてくれました。

「気づいたら、2,000日通っていたよ」

9e9eed91148a795dda4bad49c51110ec33ff1d52

ーーまず、多くの人が気になっていると思うのですが、なぜ毎日行くことになったんでしょうか?

Jeff 最初は友だちとジョークで始めたんだ(笑)。2011年はちょうどうるう年で、"An Extra Disney Day"というキャンペーンをやっていたんだよ。

ーー24時間オープンしている日ですよね?

Jeff うん。その場を楽しんで、盛りがっていた僕たちは、これを毎日やったらどうなるんだろうね?とふざけていたんだ。でも、考えてみたら、美味しいお酒もあれば食べ物もある、さらに音楽や花火も楽しめる。気づいたら、2,000日経っていたよ(笑)。

ーーつまり、記録のことは頭になかったんですね。

Jeff 考えたこともなかったね。多分、たくさんの人が仕事終わりにバーに行くような感覚かな?1日の疲れを癒してくれて、ポジティブになれる。ブルーな気分の日でも、行くことを考えると楽しくなってくるんだ。

2,001日目を祝われた理由とは?

06ff47e7fdcd72591e98c53469f97febd2ee3b4c

ーー行ったときには何をしているのですか?アトラクションには、今でも乗りますか?

Jeff 考えられる全てのことをしていると思うよ。イスに腰掛けて、音楽を楽しんでいることもあるしね。東京にもオーランドにもないと思うけど、マッターホルン・ボブスレーは僕の1番のお気に入り。2歳のときに初めて乗ったときから今でも変わらない。

ーー好きなショーは?

Jeff 僕はたくさん見るのだけれど、"Remember...Dreams Come True"という花火が好きかな。辺りが暗くなってくるとワクワクし始めて、いつ見ても興奮するよ。でも、今はメインストリート・エレクトリカルパレードも同じくらい楽しんでる。

ーーオーランドのマジック・キングダムでは終わってしまいました。ディズニーランドでも期間限定ですよね?

Jeff そうなんだ!1〜8月の限定だよ!今しか楽しめないよ。終わることを考えると悲しいけどね。

ーー写真を見たのですけれど、たくさんのキャストメンバーと写真を撮っていますね。今までの1番の思い出はなんですか?

Jeff 2,000日は区切りは良いんだけど、次に繋がる2,001日目を祝ってくれたキャストメンバーには、「この先も夢の時間を楽しんでください」と言われた気がするよ。彼らには、たくさんのマジカルモーメントを経験させてもらって、飽きたと感じた瞬間はないね。さらにスゴいと思うのは、常にサービスが変わり続けているところ。だから、僕の中には数え切れないくらいの思い出があるんです。

列に並ぶ時間を短縮する方法

B804e3cbf8313a90fd56796faebe4f3505576528

ーーいつでも人で賑わっているイメージがあるのですが、空いてる時期はあるのでしょうか?

Jeff ハロウィンの前の時期やニューイヤーの後の時期は比較的イイと思うよ。想像できるかもしれないけど、火・水・木曜日は人がいない印象があるね。あとは彼らが提供してる無料アプリをダウンロードすると、キャラクターがどこにいつ登場するのか分かるから、時間の短縮になりますよ。

ーーカリフォルニアのディズニーランド・リゾートに行く日本人の方も多いと思います。アトラクションやショーは似たものもあるので、アメリカでしか経験できない食べ物のオススメを教えてください。

Jeff トゥモローランドのPizza Portのパスタは早く出てくるし、美味しくて個人的には好きかな。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークでは、Cove Barのロブスターナチョスが人気が高いですね。でも、とっておきのオススメは、フロティアランドにあるGolden Horseshoeのアイスクリームナチョス。これはメニューにもないんです。なので、キャストメンバーに頼んでみてください。

ーー最後に、記録は途切れてしまうかもしれませんが、他のパークに行く予定はないのですか?

Jeff もちろん、行きたいよ!東京に限らず、上海や香港にも行ってみたいね。僕にはたくさんのディズニー仲間がいるから、彼らにも会いたいね!

Licensed material used with permission by Jeff Reitz
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
歴代のディズニー作品に登場したお姫様になれる―。そんな夢のようなルームウェアが、PEACH JOHNから発売され話題になっています。その名も「Disney...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
女性ライターのJasmine Vaughn-Hallは、「Elite Daily」でディズニー映画のヒロインたちが、もしも友達だったらどこへ出かけるのがベ...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。