「Netflix」に強大なライバル出現!ディズニーがリリースする新メニューとは?

現在、定額制の動画配信サービスで市場をリードするアメリカの「Netflix」に強力なライバルが出現するようだ。ディズニーが11月から提供する「Disney +」では、割引いたパッケージ価格で「ESPN +」と「Hulu(広告付き)」の計3つのストリーミングサービスが視聴可能になるそうだ。

費用は月額12.99ドル。これは、3つそれぞれのサービスに個別加入するよりも約5ドル安くなる。そして、米国でもっとも利用されているNetflixのスタンダードプランと同額だ。エンタメだけでなく、スポーツまで楽しめるとなれば、Netflixから乗り換えるユーザーも多数でてくるだろう。

20世紀フォックスも買収したディズニーはハリウッドの支配ばかりでなく、傘下の豊富なコンテンツを活かし、テレビから引き離したユーザーをも独自のサービスとプログラムで抱え込もうとしているようだ。

ひとつ残念な話ではあるが、日本でのHuluは運営母体が異なりディズニーと組むのかどうかは未知数。Disney+のサービスが提供されるのかも今のところ未定である。

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。