『スター・ウォーズ』の新シリーズ、舞台は『ファントム・メナス』の200年前!?

ディズニー傘下の「ルーカスフィルム」『スター・ウォーズ』の世界をさらに深く掘り下げる新シリーズ『スター・ウォーズ ザ・ハイ・リパブリック』を発表した。

このシリーズは複数の書籍から構成されるもので、『エピソード1/ファントム・メナス』の200年前の「ハイ・リパブリック時代」を舞台に新しい物語が展開されるという。

© starwars/Instagram

今まであまり触れられることのなかった歴史を明らかにする今作。現状判明していることは、この時代は希望にあふれた時代で、ジェダイ銀河共和国にとっての全盛期であったということだ。

また、200年前の物語ではあるが、人気キャラクターの「ヨーダ」「ジャバ・ザ・ハット」などの超高齢キャラクターは既に生まれている設定なので、今作品にも登場することが期待できそう!

最初の書籍は、8月にアメリカ・アナハイムで開催される『スター・ウォーズ』の大型イベント「スター・ウォーズ セレブレーション」で発売予定だ。

また、2022年から映画シリーズの公開も予定されている同シリーズ。どんどん拡張されていく“銀河の物語”についていくのが楽しみでもあり、大変でもある。

© Star Wars/YouTube
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事