特別映像解禁!日本アニメスタジオが手掛けたスター・ウォーズ新作が披露

『スター・ウォーズシリーズ』を手掛けるルーカス・フィルムが、日本のアニメスタジオとタッグを組んだプロジェクト『スター・ウォーズ:ビジョンズ』。

2020年末に発表されてから、ファンの間でさまざまな憶測を呼んできたこのプロジェクトの詳細が、ついに特別映像と共に解禁されたようだ!

© ディズニープラス/YouTube

発表によると「スター・ウォーズ:ビジョンズ」は、日本のアニメスタジオ7社と共同で製作された全9本の短編作品から構成されたオリジナルアニメ。

『スター・ウォーズ』が日本の文化映画から大きな影響を受けているのは、有名な話だが、本作は、そんな“創造のルーツ”である日本のアニメ文化を大胆に活かし、原作の設定を日本文化と融合したような作品に仕上がっているようだ。

映像を見てみると、完全に新しい作品にも関わらず、どこか親近感があるのはやはり日本文化との親和性が高いからなのか?

いずれにせよ、これはスターウォーズファンのみならず、日本アニメファンも必見の作品となってるはず!同作品は、ストリーミングサービス「ディズニープラス」を通して9月22日(水)から全9作品を一挙配信予定だ。

Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事