ディズニーランド開園のためのプレゼンに使われた園内マップ

ウォルト・ディズニーが、ディズニーランドの開園を夢見て資金調達をしていた頃。彼は手描きしたマップを使ってプレゼンをしていたそう。

役目を終えた後は記念品として知人・友人に渡され、世に出てくることはなくなったので、存在自体を知っている人はごく僅か。しかし、先月60年以上ぶりに姿を現したのです。

本人直筆の
「ディズニーランドマップ」

これが、1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。先日6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで販売されました。夢の国が実現するうえで、もっとも重要な役割を担っていたと言えるものでしょう。

よく見ると、確かにシンデレラ城のような白と青のお城が建っています。気球の奥に見えるのは、ビッグサンダーマウンテンの山でしょうか?右には、スぺースマウンテンの外装を連想させるようなアトラクションも。

当時の彼のイメージが、現在のディズニーランドに色濃く反映されていることがわかります。

今までオークションに出ていたのは、あくまでも「開園後」の園内マップばかりだったとか。しかし、開園を目指すために本人が手描きで書いた今回のマップの価値は相当なもの。なんと、販売当日のうちに約8,000万円で落札されました。

購入したのは、匿名のアメリカ人コレクター。コンタクトを試みたものの残念ながらインタビューは出来ませんでしたが、この地図をどう飾っているのか、何を思うのか、ぜひ聞いてみたいものです。

Reference:xtbone72
Licensed material used with permission by Van Eaton Galleries
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
2019年から、同年にカリフォルニアのディズニーランドでオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Gala...
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニー...
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
「Surftrip Map」には、世界1000ヵ所以上のサーフスポットが記されていて、波の質や水温、ピーク時期、サメの有無など各スポットの特長が一目でわか...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサ...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。...