今、Google マップより、この「コンパス」にハマっています。

地方でも海外でも、仕事で移動する時は必ず〈Google〉 マップを使ってます。便利ですよね。不満はまったくありません。

でも、プライベートでは断然こっち。イギリス発の「BeeLine」というスマートなコンパスです。

機能はシンプルそのもの。

専用のアプリ経由で目的地を登録すると、コンパスがそこまでの方向と距離だけを表示してくれます。“次の曲がり角を右へ”とか“もうちょっと先に行くと、大きな交差点がある”とか、まったくわかりません。

そこがいいんです。

基本的に地図アプリは、迷わずに目的地まで誘導することが目的です。ロスがないように細かく指示してくれるかわりに、スマホとにらめっこすることになります。

旅先や自転車でのツーリングの際は、ちょっとまわり道することで発見があったりしますよね。迷うことや遠回りすることも楽しみなんです。〈BeeLine〉は、目的地まで誘導してくれるだけでなく、そんな楽しみを演出してくれるアイテムというわけ。

本体に付属するシリコンバックルは自転車のハンドルだけでなく、バッグの持ち手につけてもいいかもしれません。同じく付属のメタルバックルを使えば、キーホルダーにもなります。

これ、使ってみると、結構ハマりますよ。

松崎良太/きびだんご株式会社 代表
プロジェクト成功率約80%というクラウドファンディングサイト「Kibidango」の代表。国内外の最新アイテムを誰よりも先に試してみるのが楽しみ。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
最大の特徴はグリップ式であること。“マグネット式よりも固定しにくいのでは?”なんて思ってましたが、実際は使いやすいです。片手で、ワンタッチで、スマホを固定...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!