両替所の「レート」をマップに一覧表示するアプリが登場

海外旅行で神経質になりがちな両替所探し。そのストレスを、「Get4x」がキレイサッパリ解消してくれるかもしれません。

両替所探しに救世主現る!

Fe025483794564331772df7b69059827873174e0

使いかたはカンタン。交換したい2種類の通貨を選択するだけ。すると、マップにレートの値が書かれた赤いポップアップがズラッと並びます。

C7e5c697bd8142756b501ee89aaa54caa55df80b

周辺エリアにある両替所を、トップ5に絞り込むのもワンタッチ。

アプリは「iTunes Store」や「Google Play」で無料ダウンロード可能。webサイトからブラウザを使って利用してもOKです。2012年にシンガポールでローンチされた後、2016年5月5日に利用可能エリアが3カ所追加されました。使えるのは下記4都市。

シンガポール
香港
バンコク
ムンバイ

為替予約ができる!?

9d8daa4e79e9590580ecb5b054ce24b293ae74c5

Tech In Asia」によると、アプリを通じて為替予約できる機能も有料オプションとして追加予定。つまり、為替が急激に変動しても、予約した時点の値で換金できるのでテンパらずに済みます。便利!

どうやら開発をしたJulien LabruyereCEO自身、両替で苦労した経験がある人物だそう。プレスリリースにこんなことを書いています。

「良いレートで取引できる公認の両替所がある一方で、空港やATMに高い手数料を払ったり、割にあわない換金をしている旅行者は多い」。

たしかに、これがあれば外貨両替に対する不安もなくなり、あとでガッカリしなくて済みそう。まだ始まったばかりとはいえ、将来的には欠かせないサービスになるのではないでしょうか。エリア拡大が待ち遠しい!

Reference:Tech In Asia
Licensed material used with permission by 4xLabs
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
夏の連休に遠出の計画をしている人も多いはず。ここでは、その際に「Apple WATCH」をフル活用して、いつもの旅行を何倍も快適にしてくれるアプリや豆知識...
旅先で出会った建築物をモレスキンのノートにペンですらすら描いていくAmer(@TendToTravel)。ハイクオリティな彼のラフスケッチは、数年前から海...
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「Eightydays.me」をダウンロードしたら使い方は簡単。6都市までの目的地を入力したら、飛行機と電車、バス、フェリーの4つの交通機関から、各都市を...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...