いくつ分かる?あの名作映画をポップな「ロードマップ」にしてみました

イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡をそのまま地図に表しているんだそう。

マップを見ただけで、これが何の映画だか言い当てられる?最初はカンタン、でも徐々に難易度は上がっていきますよ!

01.
社会現象となった人気作
父と子、宿命の対決に終止符

正解:『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』

監督リチャード・マーカント、製作総指揮ジョージ・ルーカス。ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章「エピソード6」にあたる作品。

建造中のデス・スターが印象的。登場人物ごとにそれぞれの惑星で活躍するため、マップを見てもラインが分離していることが分かります。黒はダース・ベイダー卿。

02.
主人公が過去と
現在を行き来する

正解:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

1985年に監督ロバート・ゼメキスで製作された大ヒットSF映画の一作目。映画の舞台となった1985年の街並みが上。デロリアンDMC-12を改造したタイムマシンで主人公マーティ(マイケル・J・フォックス)がタイムスリップした1955年の街が下に描かれています。

赤いラインは、もちろんマーティ。黄色は科学者のドク(クリストファー・ロイド)でしょう。

03.
NYの街を舞台に
オバケたちが…

正解:『ゴーストバスターズ』

冴えない3人の科学者たちが、幽霊退治に奮闘する痛快SFコメディ。巨大マシュマロマンが街を破壊しながら、最後はビルの上へと登っていきます。監督はアイヴァン・ライトマン。

04.
邪教集団から
秘石を取りもどせ!

正解:『インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説』

ハリソン・フォード演じる考古学者インディの痛快活劇アドベンチャー。あのジェットコースターのように疾走する、スリル満点のトロッコシーンが、マップ上では線路で描かれています。監督はスティーヴン・スピルバーグ。

05.
エンタープライズ号が
宇宙をめぐる

正解:『スタートレック』

1979年に製作された人気シリーズ。監督ロバート・ワイズ。天体規模の大きさの許諾な雲状の「ヴィジャー」を表現したのがピンク色。地球に攻撃を与えています。そこに立ちはだかるのがカーク率いるエンタープライズ号。

06.
戦慄の船上。アイツは、
静かに近づいてくる

正解:『ジョーズ』

平和なビーチを襲う巨大人喰いホオジロザメをめぐるパニック映画。海上でのジョーズとの格闘シーンが象徴的ですが、意外にも陸のでも動いていたんですね。こちらもスティーヴン・スピルバーグ監督作。

07.
大型宇宙船の閉鎖空間
乗組員たちが次々と襲われる

正解:『エイリアン』

監督は、リドリー・スコット。閉鎖空間の中で次々と襲われる恐怖を描き、SFホラーの古典と呼ばれる作品。公開時のキャッチコピーは、「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」でした。

08.
密林で繰り広げる死闘
最後に残ったのは、ただ一人

正解:『プレデター』

19監督はジョン・マクティアナン。アーノルド・シュワルツェネッガー演じる軍人ダッチらが、密林の中で正体不明の地球外生命体・プレデターと死闘を繰り広げるSFアクション映画。もちろん、舞台はほぼジャングルの中。監督はスティーヴン・スピルバーグ。

09.
外界と隔離された空間で
人間の狂気が訪れる

正解:『シャイニング』

監督はスタンリー・キューブリック。ロッキー山上にあるオーバールック・ホテルで、冬の期間管理人を務めることになった主人公のジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族。やがて狂気で変貌したジャックから逃れる母と息子。植え込みの巨大迷路で逃げまどうスリリングなシーンもちゃんと再現されています。

Licensed material used with permission by ANDREW DEGRAFF
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...