二人と一緒に愉快な旅に出よう。映画『僕とカミンスキーの旅』

60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?

アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画家。交友関係は、アンディ・ウォーホルから、モハメッド・アリ、アルフレッド・ヒッチコック、ザ・ビートルズ、ウッディ・アレンまで、幅広い。

カミンスキーは、最初の師であるマティスのフォーヴィズム(大胆な色彩と荒々しい筆づかいが特徴)からスタートして、シュルレアリスムにも惹かれていく。また、若者らしいディレッタンティズム(学問や芸術を趣味として愛好すること)に傾倒した時代を経て、自分固有の表現を見つけるのはかなり晩年だったようだ。

カミンスキーを開花させたのは、ポップアート。しかし、それはまったくの偶然で、大きな誤解によるものだったという。ポップアートのつもりではなかった大きな絵が、ある点で“そうも見える”というのが理由だった。カミンスキーの名を一夜にして広めたのは、絵のタイトルのせいもあった。

…というのは、すべて作り話。

そう、カミンスキーなんて画家はどこにもいないのだ。でも、美大生に聞けば十人中何人かは「聞いたことがある」なんて答えが返ってきそう。案外、あなたもそうだったりして。実は、僕も半信半疑だったんだ。だって、実際にいそうだもんね。

それくらいカミンスキーの人物像が、巧みに虚実となってミックスされている。劇中に登場する美しい絵画も、わざわざこの映画のためにアーティストによって描かれ、海外では実際に「カミンスキー展」も開催されたのだとか。冗談をやるなら、とことんやりきるセンスには脱帽。

この映画を観るなら、大人のためのおとぎ話やホラ話という前提で、気持ちよく騙されたい。よく練り込まれた「フェイク感」を味わいながら、罠にハマっちゃうのが、正しいスタンスだといえるだろう。

55687723e57edb0eef56b4841d4592d1391906cf7e52dbf2cd5800d677e6042b90397253434708e419cf5623149fba836e671ed9a0e1c103aa03786eE259afa8a496e160ece863ba781465ed4c9044e2Bc4afc63d008d0fccf6830a6c16926d4fe532aedFe6e04abec5c80ca2c90dba6e8b24fcefa46d65e

原作は、ドイツ生まれの小説家ダニエル・ケールマンによる『僕とカミンスキー』。18万部のベストセラーとなり、26ヶ国語に翻訳されている。

85歳のカミンスキーと31歳の青年といった50歳以上も年齢が離れた二人が繰り広げる珍道中。旅の途中ではの数々のトラブル。果たして、どんな結末が待っているのだろうか…。

二人が旅をするのは、スイス、フランス、ドイツ、ベルギーといった西ヨーロッパ。美しくて、雄大な景色が拡がる映像美にも注目してもらいたい。

ゴールデンウィークにでも、二人と一緒に愉快な旅に出かけてみては?

『僕とカミンスキーの旅』
2017年4月29日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by 『僕とカミンスキーの旅』
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...
旅から生まれた映画がある。題名は『ブランカとギター弾き』。全編を通してフィリピンを舞台に制作された作品だが、監督は日本人。今年8月に公開されるこの映画がい...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
俳優、モデルとして活躍中の尚玄氏。彼にはプロフィールには載らない“旅人”というもうひとつの顔がある。彼にとって、旅とはなんなのか? それは表現にどう役立っ...
とある雨の日、ダニエルさんが家に帰ろうと歩いていると、小さく動いているダンボール箱を見つけたそうです。開けてみると、そこにはまだ手のひらサイズの子猫が2匹...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
「あー、仕事辞めてどっか旅にでも行きたいなー」って思うこと、ありません?ここで紹介するスペイン人のセルジ・バーゾリさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセ...
約1年前に紹介し、大きな反響があった男・Jonathan Kubben Quiñonez。仕事を辞めて旅に出た彼は、現在も世界をトラベル中。プラカードやあ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
家具や車など何もかもを売り払って旅に出た家族「The Bucket List Family」。45ヶ国を旅した彼らのもとに、ディズニーから30日間、30の...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...