ロードムービー

60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...
仕事は充実していて、プライベートだって楽しくやってる。自分らしく生きられているはずだけど、「30歳までに結婚しないといけない」「30歳までに子どもを産まな...
米オハイオ州、ロレイン郡で行われたある結婚式が話題になっています。花嫁のブリタニー・ペックさんには、育ての父親と生みの父親であるトッドさんの2人の父親がい...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。ス...
アメリカと言えば? と問われれば、多く人が「自由の女神」と答えるに違いない。または「星条旗」とか。しかし、少数派かもしれないが、アメリカといえば「ROUT...
いま、世界中で大きな注目を集めているSK-Ⅱの新キャンペーン『年齢って何だろう』。6月に公開されたメッセージムービー「期限なんてない」は世界中で1億回以上...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
旅から生まれた映画がある。題名は『ブランカとギター弾き』。全編を通してフィリピンを舞台に制作された作品だが、監督は日本人。今年8月に公開されるこの映画がい...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
「…これ何?ダンボールでできたメガネ?」覗き込んだら一体何が見えるのか、気になってきませんか?実はこれ、スマートフォンを差し込むことで、最新のテクノロジー...