撮影期間1年。「五体投地」でラサへの巡礼の旅を描いた傑作

はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。

しかし、本作品『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』では、チベット人たちが「五体投地」で気の遠くなるような長い距離を黙々と歩き続けるのだ。2,400kmをだ。その姿を目の当たりしている間、言葉が出てこなかった。

ドキュメンタリーのような物語

662e90a8656b3f9ef91c27289dcad87a9200d80e

五体投地とは、両手・両膝・額の五体を地面に投げ伏して祈る行為。仏教で最も丁寧な礼拝法だ。しゃくとり虫のように進むといわれるそのスピードは、当然、スローである。フィクションといいながらも、出演しているのはチベット人。そして、1年もの時間をかけて巡礼の旅を撮影をした本作は、ドキュメンタリーのようでもある。 

Be54b1249cf9ef7592b803fc14af90dc1c72b2c2

この映画は、昨年、世界に先駆けて日本で先行公開された。そして、その1年後、今年6月に中国で公開されると空前の大ヒットを記録。300万人を動員して、約17億円の興行収入を叩き出したという。これは、チベット語映画としては、中国で過去最高の興収にあたるようだ。

ダライ・ラマ亡命後、チベットと中国は微妙な関係にある中、これほどまでに中国人の心を捉えた映画は奇跡とも言えるだろう。

 忙しすぎる現代人への気づき

B2f8d318f8282e82b6110e5d805d6bfbf2d3b52a

祈る。歩く。眠る。笑う。全編に渡って描かれるのは、ほぼこれだけ。正直なところ、はじめは、その抑揚のない展開に退屈気味だった。しかし、彼らのひたむきに祈る姿や、シンプルな生き様を眺めていると次第にのめり込んでいった。

A234f0a8f8df9a60c792b5087e2e641fd2441056

僕たちは、絶え間なく忙しい毎日を過ごしている。まるで、複雑で、忙しいことこそが美徳でもあるかのように。でも、彼らがシンプルに巡礼する姿を追っていると、いかに現代人があくせくと生き急いでるかを振り返ることができる。人生は長い。そんなに焦らなくたっていいじゃないか。五体投地を繰り返す姿からは、そんなメッセージが聞こえてくる。

E68e87f648718195fd7b9cbcf6d5092d4181ac43

実際、中国でこれだけ受け入れられているのも、その要因が大きいという。近年の異常とも言える経済発展によって、中国人が失ったものは大きいはず。きっと、この映画は、多忙な毎日で忘れかけていた大切なものを思い出させてくれたのだろう。

心がととのう
ポジティブなバイブレーション

91616c553ae3c6ba917ea68bd70568d1e1fb3677

旅を続ける11人の中には、屈強な男だけではなく、老人も、妊婦も、幼い少女もいる。しかし、道中で、不慮の事故があったり、お金がなくなったり、出産したりしても、巡礼の旅を止める気配は微塵もない。

何があっても、ラサへ巡礼に行く。この一途なまでの信仰心には、誰もが、驚かされるはずだ。が、それ以上に、印象的だったのは、過酷とも思える旅においての彼らの楽しげな様子だった。

D388841e1608a33fa6853851bfdb199154fa5e1f

人生で起こり得るあらゆる災難をも、ありのままに受け止めていく。そして、どんなことがあっても諦めずに、前に進み、仲間を助けて、最後に共にゴールする。

そのポジティブなバイブレーションは、観る人の心にダイレクトに伝わるはず。同時に、誰もが、心がととのうような気持ちになれるだろう。 

今回、中国での大ヒットを記念して、アンコールロードショーとなった『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』。きっと、人生の歩き方に向き合うきっかけになるはずだ。

『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』
2017年12月23(土)より、イメージフォーラムほかアンコールロードショー。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by ラサへの歩き方〜祈りの2400km
チベットと聞いて思い出すのは、頭痛だ。僕が滞在したのは一週間。映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』にかけて“セブン・デイズ”の滞在だったのだが、毎朝ひ...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
インド北部の町ダラムサラから、チベット人の「焼身抗議」をブログで発信し続けている一人の日本人がいる。建築家、NGO代表という二つの顔を持つ中原一博氏だ。彼...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ポーランド出身のアーティストであるMariusz Kedzierskiは、25年前に手を持たずに生まれてきました。手のない彼が、人々の顔を描いて「諦めずに...
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
俺らの世代、中坊(中学生)の時のヒーローは、吉川晃司だった。グラサン、片側がハネあがったヘアースタイル、ピンクのスーツに細身のネクタイ、そして、バック宙。...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.30 「銀河鉄道999」小学生の頃、手に入れた宝物のひとつに銀河鉄道999のパスがある。アンドロメダ星雲を目指して宇宙...