働けど、働けど。稼いだ銭は苦かった。

毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハンパない。ロイターによると、今年の帰省客は2億人以上にも及ぶとのこと。

「とにかく金を稼ぎたい」そんな労働者を断続的とはいえ3年にも渡って撮り続けたのは、中国人監督のワン・ビン。ドキュメンタリーを得意とする監督だ。本作『苦い銭』でも、泥臭い人間に焦点をあてながら、現代中国の変化する実態を浮き彫りにしている。

30万人もの人間ドラマ

B358c02c47a78e4e8a18ee7d7f74062095f5c2db

このドキュメンタリー映画のメイン舞台は、上海から西へ149km、車で1時間半の距離にある浙江省湖州(せっこうしょうこしゅう)の織里(じぃりー)。湖州は、昔から養蚕が盛んな土地でハイクオリティーの「湖州シルク」で栄えたことで知られている。

Aab08ffbe72cc53576733af4eaaa5968505a0776

特に織里には、無数の縫製工場が乱立している。そして、この街の住民の80%は、雲南、貴州、江西、安徽、河南各省の農村出身のからの出稼ぎ労働者だ。その数は、じつに30万人以上なんだとか。

田舎から街に出てきて働きはじめる少女、金が稼げずに酒に逃げる中年男、仕事ができずにヤケを起こす青年、喧嘩が絶えない共働きの若夫婦…。本作には、せつなくて愛おしくなる人たちが何人も登場するのだ。

1元の金に一喜一憂

※1元=約17円(2018年1月調べ)

13b32c085c1d6439cf644287e97e0553933039f7

本作品の中で、ある男が口にする時給は、16〜18元(約275〜310円)。ちなみに、昨年、日本では、最低賃金を引き上げて全国平均で時給1,000円を目指す目標が掲げらた。もっとも、民間からの反発要求は時給1,500円。これは、欧米各国の都市部においての最低賃金の目標額と並ぶ。上を見たらキリがないけど、下を見てもキリがない。

だって、時給300円でアルバイトする気になるだろうか?しかも、朝から晩までと、労働時間は限りなく長い状況でだ。しかし、それでも彼らは働かざるを得ない。出稼ぎ労働者たちの過酷な労働の日々、思わず感情をぶつけてしまうやるせなさ、賃金を受け取った時の失望…。そんな中国人の素顔をカメラは、リアルに捉えている。

出稼ぎ労働者と
日本の100円ショップの関係

A31be3180d2a69c66de51cf06e20f8ef2dc44644

浙江省の中には、義鳥(いーうー)という街がある。本作中で、列車の中で出稼ぎ労働者が情報交換のために「働いている工場の排出ガスが危険だ」と印象的なシーンがあるのだけど、その工場が存在するのが、義鳥なのだ。

この街には、「義鳥マーケット」という世界最大の日用雑貨卸し売り場があり、7.5万店舗の中では、170万種類以上の商品が扱われているのだとか。家電製品から、家具、文房具、玩具、化粧品、手工芸品、衣料品、寝具、革製品、ニット製品まで手に入らないものはないと言われているほど。

8a5dfb25e4aefbc79cc5ff7270314a16ecbfd951

1店舗に3分かけて、1日8時間かけてマーケットを回ると1年半もの時間を要する売り場には、世界中からバイヤーが安価な日用雑貨を求めて集まってくる。特筆すべきは、日本の100円ショップの品物のほとんどは、この街の商品とのことなのだ。僕たちが、安いという理由で買っている商品の陰には、安価な賃金で過酷な労働に耐えている人たちが存在する。

0b14e58764b8f6bfa9a8e1caea6e8d80ce617817

拡大するグローバル経済がもたらす弊害や現実。『苦い銭』を観れば、そういった社会問題を改めて考えるきっかけになるはずだ。

『苦い銭』
2018年2月3日(土)より、 シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。公式サイトはコチラ

©2016 Gladys Glover-House on Fire-Chinese Shadows-WIL Productions

Reference:ロイター
Licensed material used with permission by 苦い銭
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッ...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.30 「銀河鉄道999」小学生の頃、手に入れた宝物のひとつに銀河鉄道999のパスがある。アンドロメダ星雲を目指して宇宙...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...