カトリック教会の「タブー」に焦点をあてた禁断の映画

冒頭のシーンから、身の毛がよだった。

そこには、敬虔な神父が悪魔祓いをしている姿が。神父が手をかざす先には、一人の女性。すると突然、女性がおぞましい声で叫びはじめたのだ。とても人間のものとは思えなかった。

エクソシストとは、カトリック教会におけるエクソシズム=悪魔祓いの儀式をすることを許された神父のことを指す。もちろん、オカルト、お伽話、ほら話、都市伝説と片付けることもできる。しかし、悪魔の存在を100%否定することはできないだろう。この映画『悪魔祓い、聖なる儀式』であんなにも豹変した人々を目の当たりにしたならば。

あの『エクソシスト』は
単なるつくり話ではなかった

冒頭シーンの女性だけではない。本作には、憑依された人々が次々と登場する。いきなり暴れ出す者、ケダモノのような声を出す者、白目を剥きながら痙攣する者、わけのわからない言葉を話し続ける者…。

その姿は1973年に公開され、人々を恐怖に陥れた『エクソシスト』のシーンそのものだった。言うまでもなく、首が180度回ったり、背面ブリッジのまま階段を降りたり、緑色の液体を吐くような類のものではなかったが、発狂したような人々の様相は、リアルなだけにそれ以上の衝撃があった。

急増するエクトシストたち

昨年末時点で、カトリック教会における総本山ヴァチカンから公式にエクソシストと認められているのは、404名。うち、ほぼ半数の241名がイタリアに集中しているそうだ。

70年代のイタリアにおいては、30人ほどしかいなかったエクソシストが8倍以上に膨れ上がった計算になる。しかしながら、悪魔祓いの儀式に詰めかける人々に対して、慢性的にエクソシスト不足が起こっているという。

悪魔は実在するのか、否か?

なぜ、イタリアでは、それほど多くの人々が悪魔祓いの儀式を求めるのか?

そこには、同国が抱える社会問題が関係しているようだ。鬱、孤独、貧困、引きこもり、失業、ドラッグ中毒といった様々な闇が炙り出されてくる。つまり、行き場を失った人々の受け皿として教会が存在しており、神父は彼らを支える役割を担っているという側面もあるのだ。

悪魔は、人間の心が生み出した幻影なのか?それとも、実在し、人間に取り憑いてくるのか?

本作において、誘導的なナレーションが一切ないのは、監督の狙いでもあるようだ。すべては、悪魔祓いを目撃するアナタの判断に委ねられている。 

『悪魔祓い、聖なる儀式』
2017年11月18日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。公式サイトはコチラ

© MIR Cinematografica – Operà Films 2016

Licensed material used with permission by 悪魔祓い、聖なる儀式
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
6月1日にスタートしたECサイト「Outfitter」では、自分で選んだスポンサー企業のロゴを印字したオリジナルのスポンサードカスタムユニフォームを簡単に...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
米コロラド州デンバーにあるクラブ「The Church Nightclub」は、名前にもある通り以前は教会でした。130年も前に完成したその建物を改装し、...