「世界でいちばん貧しい大統領」を日本人監督が追ったドキュメンタリー映画、公開

南米の小国・ウルグアイで第40代大統領を務めた「ホセ・ムヒカ」を一躍有名にしたのは、2012年、ブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連会議の場で、現代の消費社会を痛烈に批判し「人類にとっての幸せとは何か」を語りかけたスピーチだ。

彼は、大統領に就任していた5年間、収入の大半を寄付し、公邸には住まず、妻と愛犬と共に小さな農場で質素な暮らしを続けていた。人々が敬意を込めて彼を「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ぶことは、もはや周知の事実だろう。

そんなムヒカをかつてTV番組制作で取材し、そのなかで浮かび上がってきたある疑問の答えを見つけるために、その後も追い続けたというディレクター・田部井一真氏が手がけたドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が公開される。

この映画は、大統領としてのホセ・ムヒカを紹介したものでもなければ、その政治思想を紐解く内容でもない。意図するのは、ムヒカの目を借りながら、日本人の生き方を追体験したり、ムヒカという鏡に映し出された私たち自身を見つめることだという。

「人生で一番大事なことは、歩むことだ。転んでも立ち上がり、再び歩むんだ」

そんなメッセージをくれる彼が映画を観た人に与えてくれるものは、何かの気づきか?生き方のヒントか?

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』は、4月10日、東京「シネスイッチ銀座」「新宿バルト9」などを皮切りに、全国で順次公開。

© KADOKAWA映画/YouTube

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

【公式ホームページ】https://jose-mujica.com/

Top image: © 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
「大阪芸術大学」のアートサイエンス学科新校舎の完成までを追ったドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』が今秋公開予定。監督はホンマタカシが担当。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
11月22日、世界的アーティスト「草間彌生」の半生を追ったドキュメンタリー映画「草間彌生∞INFINITY」が公開となる。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...