原発事故を風化させたくない。「現地のいま」を撮影し続けたドキュメンタリー映画

東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー。

原発事故後の“生き物たち”の存在

9k=

福島第一原発事故。被災者の心と生活に深い傷を残したままだが、被害を受けたのは決して人間だけではない。放射性物質に汚染された地域の”生き物たち”の存在がある。その健康被害は、私たちの想像以上に深刻なものだという。

こうした現状を伝えようと立ち上がったのが、映画監督であり、映像制作会社代表の岩崎雅典さん。野生動物の生態とそれを取り巻く環境をテーマに、数々のテレビ番組や記録映画を制作してきた。

9k=-1

2Q==

長年、野生動物に近くで触れてきた岩崎さんは、放射能の影響を懸念している。高線量地域に住む生き物は、タヌキやキツネ、イノシシ、ツバメなど。そして、特に被害が深刻なのが、人間と同じ霊長類のニホンザルだ。

福島市内に棲む、10数群の群れがいるニホンザルの筋肉中から当初、数千、数万ベクレル/kgものセシウムを検出。また、白血球の数が減少しているという生物学者の報告もあった。ただ、放射線量の高い飯舘村、浪江町、南相馬市などでは、サルの調査がほとんど行われていないのが現状だという。

「知らなかった」では済まされない
未来がすぐそこに!?

content_b8bf8a9e91d59285a471e09ba45687ad6e1cb6d0岩崎さんは、原発事故が無かったかのような「風化」を危惧している。

「除染が済めばすぐにでも帰れるような情報ばかりで、帰還困難区域などは今でも線量が多い。専門家は少なくとも10年から20年は帰還が難しいと言っています。孫子の代まで惨禍が及ぶ恐ろしい現実を強く自覚してほしい」と語る。

動物の生態を追った
ドキュメンタリー映画を制作

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA放射性物質に汚染された地域の動物たちの健康被害を記録し、後世に伝えていこうと、ある映画制作が進行中だ。これは岩崎さんが監督を務めた「福島 生きものの記録」シリーズの第4弾。汚染地域のサルに関する詳細な記録映画は他に類をみないという。

しかし、同作はロケ費と編集・仕上げ費、完成後の広報費などが不足。現在、映画を無事完成させるための資金をクラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っている。

コンテンツ提供元:READYFOR

撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...