専門家が「とんでもない作品」と言い切る「ドキュメンタリー映画」

2019年はどんな年だったのか?
きたる2020年は、どんな年になっていくのか?

“記録映画”ともいわれるドキュメンタリー映画に、時代を見ていくのはどうでしょう。2019年に公開され「なんらかの爪あとを残した」ドキュメンタリー作品を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。

最後は、 “ドキュメンタリーのおもしろさ” を教えてくれる作品。ひとりの人間に向かってカメラを回しつづけていく中で、撮る方も撮られる方も、ときとして予想だにしない展開に進んでいってしまうことがあるらしい。「それ」がしっかり映ってしまっているこの作品。ドキュメンタリーにハマるための1本として紹介します。

石井 雅之(いしい まさゆき)

アップリンク渋谷・吉祥寺にて、劇場企画・構成を担当。上映作品ラインナップをセレクトするにあたってもっとも意識しているのは「多様性」があるか。遊園地のアトラクションのようにいろんな作品を上映して、お客さんと映画の “思いがけない出会い” の機会をつくっている。
https://www.uplink.co.jp/

『虚空門 GATE』

©虚空門 GATE

「“ドキュメンタリーのおもしろさ” が映っている作品を選びました。

生身の人間に向けてカメラを回しつづけていくと、ときに被写体が “変化” を起こすことがあるんです。その変化が、撮り手も観客も予想だにしない事態であればあるほどおもしろいんですよ。たとえばインタビューをとる、という行為自体も被写体に変化をもたらせる行為のひとつだと思うんですけど。

この『虚空門 GATE』は簡単にいうと“UFOが存在するのか?しないのか?”というテーマのドキュメンタリー。これを撮った監督がとてもUFOに興味がある人で、UFOの写真が撮れるという男性に出会い、彼に密着していくことで、決定的瞬間を撮れるのか?というところから最初は始まります。

でも、途中からまったく違う展開になるんです」

©虚空門 GATE

「あの展開は、撮っている方も撮られる方も予想していなかったと思うんですよ。被写体に密着していって、ある瞬間から被写体が大きな変化を見せはじめて、最終的になぜか愛についてのドキュメンタリーに変わります。“UFOはいるのか?いないのか?”って言っていたはずなのに。

自分はUFOの写真が撮れると言う被写体と、それを支えるパートナーがいて。彼らにカメラを回すことによって、彼ら自身がものすごい変化をしていくんですよ。何を言っているのかわからないかもしれないのですが、これは観ないとわかりません。とんでもない作品なんですよ。自分も観ながら、あれっ?俺今なに観てるんだろ!?という感覚になったので(笑)」

この作品には「それ」が映っている

「数年前に公開した森達也監督の『FAKE』(2016年)という作品も、ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守さんの“耳は聞こえているのか?聞こえていないのか?”を追求する、というスタート地点から始まっているのに、最終的には愛のドキュメンタリーになっているという例があります。

あの作品も、カメラを回していったことによっていろんな変化が起きていったんです。被写体に映画が介入していくことで、彼らにものすごい変化をもたらす。ドキュメンタリーならではのアクションというんですかね。ひとりの人間の変わっていく姿が、まざまざとカメラに焼き付いていく。するともちろん、映画自体が変化していく。映される側も、映した作品も、大きく変わっていってしまう。それが本当にドキュメンタリーのおもしろいところで。

2019年に公開された作品の中だと、この『虚空門 GATE』にはそれが映っているなと思っています」

©虚空門GATE

「ドキュメンタリーって、社会に変化を与える場合もあれば、被写体に変化を与える映画もある。これを観て、ドキュメンタリーのおもしろさを感じてほしいですね。

大前提として作品がUFO愛に溢れているんですよ。そこも推したいポイントで。どんなかたちであれ、ひとつのことに真剣に向き合っている人って愛すべき存在だなと思いました」

 

『虚空門 GATE』、アップリンクで観られます!

「見逃した映画特集 2019」概要
2019年の話題作90作品をまとめて上映!

期間:2019年12月27日〜2020年1月23日
会場:アップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺
各作品の上映スケジュール、上映会場は下記をご確認ください。 https://www.uplink.co.jp/news/2019/53372

Top image: © 虚空門GATE
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
今回は原宿にオープンした「@cosme TOKYO」。欲しい商品の口コミ数や、ランキングがわかるので、めっちゃ便利。ここに来れば欲しいものが絶対に見つかる...
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。
来年1月23日までの約1ヵ月間にわたりアップリンク2館合わせて全90作品が上映予定。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...
11月22日、世界的アーティスト「草間彌生」の半生を追ったドキュメンタリー映画「草間彌生∞INFINITY」が公開となる。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
「サクサク感」と「豊かな香り」が特徴のフィリピン・ダバオ産カカオを使ったチョコレートがクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて先行販売中。
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...