セットで観るとより面白い!「ドキュメンタリー映画2本」

2019年はどんな年だったのか?
きたる2020年は、どんな年になっていくのか?

“記録映画”ともいわれるドキュメンタリー映画に、時代を見ていくのはどうでしょう。2019年に公開され「なんらかの爪あとを残した」ドキュメンタリー作品を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。

今回は、肉体をつかって極限に挑む男の人生を追った “対照的” な2作品をご紹介。「生きること」、「死ぬこと」、そしてその間ではかなく揺れつづけることとは? ふたりの人生を見比べながら、考えてみてください。

石井 雅之(いしい まさゆき)

アップリンク渋谷・吉祥寺にて、劇場企画・構成を担当。上映作品ラインナップをセレクトするにあたってもっとも意識しているのは「多様性」があるか。遊園地のアトラクションのようにいろんな作品を上映して、お客さんと映画の “思いがけない出会い” の機会をつくっている。
https://www.uplink.co.jp/

『ドルフィン・マン 〜ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』と『フリーソロ』

©2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW
©2018 NGC NETWORKS US,LLC

「“人間の身体と命” について考えさせられた作品を2つ紹介します。

ひとつは、ジャック・マイヨールという伝説のダイバーのドキュメンタリー『ドルフィン・マン 〜ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』。ガスボンベを使わずに海に潜っていく、スキンダイビングの世界記録を保持している彼の人生をとらえた作品です。

もうひとつは『フリーソロ』。アレックス・オノルドという、命綱などを使わずに素手で山に登っていく、ロッククライミングの世界チャンピオンのドキュメンタリーです。

このふたつの作品、どちらも人間の身体だけをつかって極限に挑むという意味では似ているなと思ったんですが、じつはめちゃくちゃ対照的な作品なんです」

似ているけれど
対照的なふたりの男のドキュメンタリー

「ジャック・マイヨールは華々しく見える人生を生きる反面、晩年はうつ病に悩まされていて、自殺というかたちで最期を迎えます。そんな彼が生前、海に潜る理由として答えていたのが『肉体からの解放』。

ダイビングを通して、死に近づいていくような感覚だったのかなと。肉体から解き放たれて、魂だけを海の中に漂わせる。どこまでが肉体で、どこからが海なのか、彼の場合はそのふたつが感覚として同化してしまっていたから、陸の上では肉体と精神のバランスを崩してしまっていたのかなと思うんです。とても微妙なバランスで生きていた気がして」

©2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW

「一方で、アレックス・オノルドは、なぜ身体ひとつで崖を登るのか?という問いに『生きていることを実感するため』と答えるんです。死ぬかどうかギリギリの状況で初めて、自分の肉体の力を感じると。それはまさに、生へのエネルギーですよね。

肉体の極限を求められるスポーツで、一見おなじことをやっているように見えるふたりが、一方は “生” に向かっていて、一方は “死” に向かっている。まったく別のベクトルで動いているんです。『生きること、死ぬこと』について思うきっかけとして、このふたつの作品が2019年に公開されたのは、考えさせられるものがあるなと思いました」

©2018 NGC NETWORKS US,LLC

「ジャック・マイヨールは海の中に肉体からの解放を求めましたが、アレックス・オノルドは極限の状況に身をおくことで、生きることにめちゃくちゃ執着する。彼は、自分の精神にちょっとでも不安があると山に登るのをやめるんですよ。それは、生きて帰ってくるため。死ぬために登るわけじゃない、と。本当に対極です。

おそらく、両者とも日常の生活にはなんの興味もないというか、普段はどんよりしていたりするんですけど(笑)、海に潜ったとき、山に登ったときに、なんともいえない顔をするんです。本当に似ているんだけれど、似て非なるふたり。ぜひ2本とも観てもらいたいなと思います」

 

このふたつの作品、アップリンクで観られます!

「見逃した映画特集 2019」概要
2019年の話題作90作品をまとめて上映!

期間:2019年12月27日〜2020年1月23日
会場:アップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺
各作品の上映スケジュール、上映会場は下記をご確認ください。 https://www.uplink.co.jp/news/2019/53372

Top image: © 2018 NGC NETWORKS US,LLC
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
Netflixでおすすめ! ドラマ感覚で観られる「Netflixオリジナル作品のドキュメンタリー」を紹介。『ワイルド・ワイルド・カントリー』『ミス・アメリ...
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。
アメリカの世界的バンド、ビースティ・ボーイズ。彼らの軌跡を辿ったドキュメンタリー映画『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』が、Apple TV+にて独占配信...
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『History 101: 古今東西の"ナゼ?"を早わかり』『世...
来年1月23日までの約1ヵ月間にわたりアップリンク2館合わせて全90作品が上映予定。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
Netflixでおすすめの映画・ドラマ・ドキュメンタリーを18作品紹介。全て「Netflixオリジナル作品」からピックアップしました。
オーストラリア初のプロサイクリング・ロードレースチーム「グリーンエッジ」を、2011年の発足から5年にわたり、彼らのレースツアーに密着したドキュメンタリー...
11月22日、世界的アーティスト「草間彌生」の半生を追ったドキュメンタリー映画「草間彌生∞INFINITY」が公開となる。
『華氏911』や『シッコ』などのドキュメンタリー作品で知られるマイケル・ムーアがプロデューサーを務めたドキュメンタリー映画『Planet of the H...