社会現象にもなったロックバンドの知られざるストーリーに釘づけ

久々に胸にささった。

伝説のロックバンドとして、今でも語り継がれるオアシス。その長編ドキュメンタリー作品に心を揺さぶられた。もちろん、三十代の頃、バンド名も曲も聴いたことがあったが、そこまで詳しくはなかった。でも、2016年に公開されて以来、何故か、ずっと気になっていた。

タイトルは『オアシス:スーパーソニック(原題「oasis:supersonic」)』。

1994年にデビューしてから、最速で音楽シーンの頂点に立ち、そして、多くのファンに惜しまれながらも解散したカリスマバンド。彼らの真実が、明らかにされるー。

トレーラーにもあるように、このドキュメンタリーでフィーチャーされているのは、デビュー3年後の1996年8月にロンドン郊外のネブワースにて25万人を集めた野外ライブ。当時の動員記録を塗り替えたという映像は圧巻だ。あまりにも人数が多すぎて、人が粒のよう。僕の目には挽肉の塊のように感じられた。

犬猿の仲と噂される
真実が明らかに

A16c42411fac6da3b3eaf6a6e57cb2a691a33797

(C)Jill Furmanovsky

最大の見どころの1つは、バンドの中心的存在でありながら、犬猿の仲と噂される兄弟リアムとノエルの関係だろう。膨大なアーカイブやプライベート映像を通じて、二人の素顔やライバル関係の構図がはっきりと輪郭を帯びてくる。

二人のバックグラウンドは、決して恵まれてはいない。イギリスの工業都市マンチェスターにある公営団地で育った兄弟は、札付きの不良として悪名を残している。失業者手当てをもらいながら、バンドを続けていく状況下で養われた反骨心。やがて、チャンスをつかみスターダムにのし上がっていく。その軌跡は、痛快で爽快だ。

それにしても、バンドがあそこまで成功したのは、二人の間に微妙に流れる緊張感だったのだろう。時に反発しあいながらも、やがて共鳴しあって数々の名曲を生んでいく。その様子が、当時の映像に加えて、二人へのインタビューですべての真実が炙り出される。

デビューからの3年間を中心に描かれる栄光と破滅への序曲。「超高速」を意味するスーパーソニックというタイトルの通り、ジェットコースターの如くぶっ飛ばしていく展開には、片時も目が離せない。オアシスファンのみならず、オアシスのことをリアルタイムで知らない若い世代にも充分に楽しめるエンターテイメントに仕上がっている。

3月22日(水)にブルーレイとDVDがリリースした。このタイミングで、偉大なロックバンドが駆け抜けた道のりを自分自身の目で確認してみるのは、いかがだろうか? 

C7f7d0ad6eda946970719e0898572e433dc0173c

(C)Jill Furmanovsky

399da722ec10828aeef70f3be73539504cf615a8

(C)Jill Furmanovsky

Licensed material used with permission by oasis-supersonic
BOØWYは日本で一番かっこいいロックバンドだ。氷室京介、布袋寅泰、松井恒松、高橋まこと。バンドメンバー全員が、ここまでかっこいいバンドって奇跡だろう。
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
外資系広告代理店時代、後の席に座っていた女性AD(アートディレクター)に勧められたのがきっかけで読んだ漫画が「NANA」だった。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
Oasis不朽の名曲「Rock ‘n’ Roll Star」をカバーして話題となっているKero Kero Bonito(ケロケロボニト)。7月に日本デビ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.27 「イカ天」イカ天知ってるか?後輩のライター(男性24歳)に聞いたら、イカの天ぷらですかという答が返ってきた。うん...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
去る7月13日の「International Day of Rock'n'roll」にちなんで、音楽ストリーミングサービス・Spotify(スポティファイ...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...