ロックスターは私!Oasisのキュートでポップなカバーが話題

2009年の(事実上の)解散以来、再結成のウワサがたびたび持ち上がっては消えていく“オウェイシス”ことOasis

未だにノエル&リアム・ギャラガー兄弟の発言や一挙手一投足はいちいちニュースになるし、やっぱりこの2人は紛れもなく“ロックンロール・スター”であることは誰しもが認めるところ。何しろ「オレはロックスターだ!」と高らかに宣言する曲もあるくらいだから。そう、こんな具合に…。


このOasis不朽の名曲「Rock ‘n’ Roll Star」をカバーして話題となっているのが、Kero Kero Bonito(ケロケロボニト)なる一風変わった名前のバンド from UKです。

7月に日本デビュー盤となる1stアルバム『Bonito Generation』をリリースし、8月には夏フェス「SUMMER SONIC(サマソニ)」にも出演。ボーカルのSarah嬢がイギリス人と日本人のミックスということもあって、日本語&ジャパニーズ・カルチャーを巧みに取り入れたエレクトロ・サウンドで人気急上昇中のトリオなのです。

そんなケロケロボニト版「Rock ‘n’ Roll Star」は、一瞬カバーとはわからないくらい、カラフルでドリーミンなボニト・ワールドに完全に染め上げられていて、So Good!ともかくは下のサウンドクラウドで聴いてみてください(表示されない場合はこちらでご試聴ください)

ちなみにこのカバーは、イギリスのレーベル「DEEK Recordings」からリリースされたコンピレーション・アルバム『Covered In Gloria』に収録。Oasisの他にもWham!、Beastie Boys、Roy Orbisonといったレジェンドたちの名曲を若手アーティストが生き生きとカバーしているので、気になった方はこちらでご確認を。

そしてボニトのみなさん、近いうちにまた日本に来てね。We miss you guys, too!!

Reference:OasisVEVO
久々に胸にささった。伝説のロックバンドとして、今でも語り継がれるオアシス。その長編ドキュメンタリー作品に心を揺さぶられた。もちろん、三十代の頃、バンド名も...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
音楽史に燦然と輝くスタンダートナンバーと、知られざるカバーバージョンを紹介する連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、エドワード・ヴァン...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
音楽史に輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、カート・コバー...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪とい...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。なかでも、2015年11月5日に公開された『Man On The Moon』は...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...