ロックスターは私!Oasisのキュートでポップなカバーが話題

2009年の(事実上の)解散以来、再結成のウワサがたびたび持ち上がっては消えていく“オウェイシス”ことOasis

未だにノエル&リアム・ギャラガー兄弟の発言や一挙手一投足はいちいちニュースになるし、やっぱりこの2人は紛れもなく“ロックンロール・スター”であることは誰しもが認めるところ。何しろ「オレはロックスターだ!」と高らかに宣言する曲もあるくらいだから。そう、こんな具合に…。


このOasis不朽の名曲「Rock ‘n’ Roll Star」をカバーして話題となっているのが、Kero Kero Bonito(ケロケロボニト)なる一風変わった名前のバンド from UKです。

7月に日本デビュー盤となる1stアルバム『Bonito Generation』をリリースし、8月には夏フェス「SUMMER SONIC(サマソニ)」にも出演。ボーカルのSarah嬢がイギリス人と日本人のミックスということもあって、日本語&ジャパニーズ・カルチャーを巧みに取り入れたエレクトロ・サウンドで人気急上昇中のトリオなのです。

そんなケロケロボニト版「Rock ‘n’ Roll Star」は、一瞬カバーとはわからないくらい、カラフルでドリーミンなボニト・ワールドに完全に染め上げられていて、So Good!ともかくは下のサウンドクラウドで聴いてみてください(表示されない場合はこちらでご試聴ください)

ちなみにこのカバーは、イギリスのレーベル「DEEK Recordings」からリリースされたコンピレーション・アルバム『Covered In Gloria』に収録。Oasisの他にもWham!、Beastie Boys、Roy Orbisonといったレジェンドたちの名曲を若手アーティストが生き生きとカバーしているので、気になった方はこちらでご確認を。

そしてボニトのみなさん、近いうちにまた日本に来てね。We miss you guys, too!!

Reference:OasisVEVO
久々に胸にささった。伝説のロックバンドとして、今でも語り継がれるオアシス。その長編ドキュメンタリー作品に心を揺さぶられた。もちろん、三十代の頃、バンド名も...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!