一度見たらクセになる!?中毒性のあるイラスト

一度見たらクセになっちゃう。

そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂いがプンプンと漂っている。同時に、女性らしいキュートさも感じられるから不思議。

個人的な感想なんだけど、この西洋的なイラストに日本独特である「わび・さび」の美意識のようなものを感じてしまった。

じゃ、彼女の作品をチェックしていこうか。

細部に垣間見える
「反骨心」

どう?「わび・さび」を感じない?

感じたら「ささった!」を、感じなかったら「うーん…」をポチッとよろしく!

Licensed material used with permission by Chloe McAlister
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
ヤバい。これは、ハマりそうでヤバい。曼荼羅、伸縮自在の顔、マジックマッシュルーム、ドクロなどをモチーフとしたサイケデリックなアニメーション制作しているのは...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
運動をしたいなら、家でゴロゴロしてしまうのでNetflixを見るべきではないというのは正解かも。だけど、それでもドラマや映画を見たいという人には朗報です。
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
「ああ〜職場に戻りたくない」「ミーティングがなくなれば」なんて嘆きや、「この一杯が最高!」という、休憩中にカップを手にした時の気持ちを、うま〜く表現してい...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。言葉にするな...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
続々新作を更新しているDavid Zandman氏の作品「2 Kinds of People」を改めて紹介します。人々の行動に表れるちょっとしたクセが、2...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...