エグい幻覚アニメでトリップしませんか?

ヤバい。これは、ハマりそうでヤバい。

曼荼羅、伸縮自在の顔、マジックマッシュルーム、ドクロなどをモチーフとしたサイケデリックなアニメーション制作しているのは、ベルギー出身のドープなアニメーターNicolas Fong。

この独特なアニメーションはセリフがほとんどないのだが、鮮やかな色彩と、職人技のフリーハンドで、めくるめく毒が盛られている。つまり、中毒性が高いアニメーションなのだ。

では、どこまでもぶっ飛んでいる世界へ。

さあ、いってらっしゃい。

もっと、もっと。

映像に中毒になりかけの人は、VimeoTumblrでも見ることができる。

そして最後に。

「アニメーションを観た人々にどんなことを感じてもらいたい?」とNicolasに質問してみた。その答えがコチラ。

「僕は観ている人にビックリしてもらいたいんだ。瞬きも忘れるくらい覚醒させたい。そのためにキュートなうさぎたちと虹みたいな(明るい)世界から、覚めない悪夢の(ダークな)世界まで創り出したいね」

うん、頼もしくて楽しみだっ。

Licensed material used with permission by Nicolas Fong, (Vimeo)
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
10月20日、ベルギー・シャルルロワの電子タバコ専門店に、武装した6人の強盗が押し入りました。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
テクノロジー全盛の時代に、マジックはボクたちに何を示してくれるのだろう。仮想現実や拡張現実の登場は、「イリュージョン」という何となく子供だましのようで、あ...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
ここで紹介するのは、海外で話題のカーディストリーを披露する動画。カーディストリーとは、手とトランプだけを使った曲芸。マジックとは異なるのは、いわゆる“タネ...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...