マッシュルームを出汁に食べるのは「しゃぶしゃぶ」

しゃぶしゃぶといったら昆布出汁や合わせ出汁が定番ですが、スイスではマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイル(フォンデュ・シノワーズ)があります。一応、これもフォンデュ。

しゃぶしゃぶだけど、中華風?

ジャポネーゼではなくシノワーズ(中華風)とは、中国から伝来した鍋の食文化がヨーロッパに渡って、具材を出汁にくぐらせて火を通すスタイルが独自に根付いたと考えられます。

要するにしゃぶしゃぶ。マッシュルームとコンソメが効いた出汁でいただけば、いつものしゃぶしゃぶも違った発見があるはず。

材料

Aマッシュルーム:5個(薄切り)
A水:700ml
A白ワイン:50ml
Aコンソメの素:大さじ1/2
お好みの肉(牛・豚の薄切り肉など):適量
お好みの野菜(黄色パプリカ、ミニトマト、ズッキーニなど):適量

鍋にAを入れて強火で熱し、煮立ったら弱火にします。あとはお好みの材料をくぐらせてしゃぶしゃぶの要領でめしあがれ。

Top image: © iStock.com/billnoll
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォン...
こんなに入れるの?っていうくらい昆布が入ることで、うま味の濃いとびきりのお出汁に仕上がります。
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...