クリスマスの夜よりアメリカ人が楽しみにする「翌日のごちそう」

アメリカで過ごしたクリスマス、ターキーを食べた翌日にホストファミリーがつくってくれたのが「ターキーライス」なるもの。ほぐした身をごはんとともに炒め、グレイビーソースをかけた一品。クリスマスの翌日の想い出です。

お楽しみはクリスマスのあとで!

余りものの活用術と言ってしまえば貧乏くさく聞こえますが、これがたまらなくおいしい!なんでもクリスマス当日のターキーより、こっちを楽しみにしているとかいないとか。

もちろん、ターキーでなくたってOK。チキンの骨も一緒に煮込んでダシをとり、グレイビーソースにしちゃいましょう。

<ターキライスの材料:2人分>

ローストチキンレッグ:2本分
バター:10g
ごはん:2膳分
塩こしょう:適量

<下準備>
・ごはんを水で洗ってざるにあけ、水気をよく切っておく。
・骨から肉を取り外し、肉をほぐしておく。
・鍋に500mlの湯を沸かし、チキンレッグの骨を入れて20分煮ておく。

<つくり方>
フライパンにバターを入れて弱火にかけ、バターが溶けたら中火にしごはんを加えて炒める。バターが全体にまわったら骨から取り外しておいた肉を加え、全体が馴染むまで炒めて、器に盛りつける。

<グレイビーソースの材料>


ローストチキンレッグの骨部分:2本分
バター(又はオリーブ油):10g(または大さじ1)
小麦粉:大さじ2
塩こしょう:適量

<つくり方>
まず、ごはんを炒めた後の鍋にバター10gを弱火で溶かし、小麦粉を加えて全体がうっすら茶色になるまで炒めます。そこに最初に煮ていたチキンレッグの骨の出汁を網で漉し、少しずつ加えます。とろみがついたら塩こしょうで味を調え、ターキライスの上にまわしかけて完成です。

現地ではライスではなくパン粉でも作ることもあり、その場合は軽く焦げ目が着くまでパン粉を炒めてから同じ手順で作るんだそうですよ。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...