クリスマスの夜よりアメリカ人が楽しみにする「翌日のごちそう」

アメリカで過ごしたクリスマス、ターキーを食べた翌日にホストファミリーがつくってくれたのが「ターキーライス」なるもの。ほぐした身をごはんとともに炒め、グレイビーソースをかけた一品。クリスマスの翌日の想い出です。

お楽しみはクリスマスのあとで!

2ca3ea427d31a1053b611eb076603b4dabec37ef

余りものの活用術と言ってしまえば貧乏くさく聞こえますが、これがたまらなくおいしい!なんでもクリスマス当日のターキーより、こっちを楽しみにしているとかいないとか。

もちろん、ターキーでなくたってOK。チキンの骨も一緒に煮込んでダシをとり、グレイビーソースにしちゃいましょう。

<ターキライスの材料:2人分>

ローストチキンレッグ:2本分
バター:10g
ごはん:2膳分
塩こしょう:適量

<下準備>
・ごはんを水で洗ってざるにあけ、水気をよく切っておく。
・骨から肉を取り外し、肉をほぐしておく。
・鍋に500mlの湯を沸かし、チキンレッグの骨を入れて20分煮ておく。

<つくり方>
フライパンにバターを入れて弱火にかけ、バターが溶けたら中火にしごはんを加えて炒める。バターが全体にまわったら骨から取り外しておいた肉を加え、全体が馴染むまで炒めて、器に盛りつける。

<グレイビーソースの材料>


ローストチキンレッグの骨部分:2本分
バター(又はオリーブ油):10g(または大さじ1)
小麦粉:大さじ2
塩こしょう:適量

<つくり方>
まず、ごはんを炒めた後の鍋にバター10gを弱火で溶かし、小麦粉を加えて全体がうっすら茶色になるまで炒めます。そこに最初に煮ていたチキンレッグの骨の出汁を網で漉し、少しずつ加えます。とろみがついたら塩こしょうで味を調え、ターキライスの上にまわしかけて完成です。

現地ではライスではなくパン粉でも作ることもあり、その場合は軽く焦げ目が着くまでパン粉を炒めてから同じ手順で作るんだそうですよ。

料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
リッチなレストランで食事をするよりも、人気のデートスポットに行くよりも、他のどんなデートプランよりも一番ステキなのは「2人で料理を作ること」。そう主張する...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...