自分だけの「〇〇バター」を作りましょう

生クリームを振り続けると手作りバターができる、というのは周知の事実。手作りの味は格別です。

ここに紹介するのも生クリームを使用したレシピ。けれど、ただのバターではありません。パーティシーンや肉料理に添えるだけで、一気にテーブルが華やかになるバターです。

ガーリックハーブバター

6508072205811712

ガーリックバターは比較的手に入りやすいですが、そこにバジルと合わせることでぐっと風味がアップ。合わせる料理の幅が広がります。ビーフステーキに載せるのが定番ですが、ローストチキンやチキンソテーにも相性ばっちりです。

5462608446488576

<材料:作りやすい分量>
生クリーム:200ml
塩:小さじ1/3
にんにく:1かけ
ドライバジル:小さじ1/4

<つくり方>
にんにくは皮をむいて下の部分を切り落とす。フードプロセッサーに生クリームを入れてかたまりができるまで攪拌する。そこに塩とにんにくを加え、市販のバターくらいのかたさになるまでさらに攪拌。キッチンペーパーを敷いたザルにのせ、水気を絞ったらボウルに移し、ドライバジルを加えて混ぜて完成。

柑橘バター

5130658745679872

レモンの風味がさわやかな柑橘バター。レモンの香りは皮に多く含まれているため、皮をすりおろして入れるのが最大のポイントです。作るときには、レモンは必ず防腐剤やワックスのかかっていないものを使ってくださいね。

6179583711772672

<材料:作りやすい分量>
レモンの皮:1/4個
生クリーム:200ml
塩:小さじ1/3

<つくり方>
フードプロセッサーに生クリームを入れてかたまりができるまで攪拌。そこに塩を加え、市販のバターくらいのかたさになるまでさらに攪拌する。キッチンペーパーを敷いたザルにうつし、水気を絞ったらボウルに移し入れ、すりおろしたレモンの皮を加えて混ぜたらできあがり。

味噌バター

6145784198201344

ラーメンでは聞いたことがあるけれど、本当に味噌とバターを合わせてみたことがある人はなかなかいないのでは。これが抜群に合うから不思議です。味噌のもつうまみを、バターのコクが底上げしてくれますよ。

6347369830416384

<材料:作りやすい分量>
生クリーム:200ml
みそ:小さじ1

<つくり方>
フードプロセッサーに生クリームを入れて市販のバターくらいの固さになるまで攪拌する。キッチンペーパーを敷いたザルにうつし、水気を切ったらボウルに入れ、みそを加えて混ぜたら完成。

本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
独断と偏見でピックアップしました。
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
せっかく焼きたてのパンが用意できても、カチカチバターでは意味がありません。ということで生まれたのがこのトースター。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
おいしいバターさえあれば、たしかにトーストだけでも十分、ごきげんな朝ごはんになります。そこで、バターを買うんじゃなくて、自分でつくってしまうというのがこの...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
細長い容器に、バターをブロックのまま豪快に投入。すると、数秒でスプレー状の“バタービーム”を放てるように!コレは、冷蔵庫から取り出したばかりの「固いバター...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
健康意識の高い人たちから、このところ注目されているのが「ナッツバター」。動物性脂肪ゼロのナッツをフードプロセッサーで撹拌するだけ。この手軽さも人気の所以か...
厚切りトーストの真ん中にのるバターのイメージというと、どうしてもアノ四角く切ったものをイメージするはず。ですが、このバターの切り方って、じつはめちゃくちゃ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...