バター専門店が本気で作ったバターケーキ「CANOBLE THE BUTTER CAKE」

バターの新しい楽しみ方を提案するブランド「CANOBLE(カノーブル)」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE THE BUTTER CAKE」が発売される。

バターのシェルの中には季節の感覚に反応するバタークリーム、ビスキュイ、フルーツ、木の実などを練り込んだコアが収められ、複雑な味を感じさせる構造を生み出している。

これは自社開発の食品造形システム「Topology(トポロジー)」の本格的活用によるもので、内部構造の設計で食味を変化させる、バターの未来を体験できるケーキになっているとのことだ。

カノーブルが今まで培ってきたバターのテクニックやパティシエの技と、デジタル造形で、バターの過去と未来の間である“いま食べるべき”ものを表現したバターケーキは、1月下旬頃に発売予定。詳細は公式サイトにてチェック。

バター専門店の本気と、「バターケーキらしさ」をどのように覆してくるのかが、今から楽しみだ。

©ナショナルデパート株式会社

ナショナルデパート株式会社

【公式サイト】https://depa.jp/

Top image: © ナショナルデパート株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

常温保存できるバターケース「Butter Bell」。いつでもクリームのような柔らかさにキープしてくれる。
今人気のスイーツ「バターサンド」をお取り寄せできるお店を5つ紹介。素材や製法にもこだわり、レーズンだけじゃなくさまざまなフルーツやナッツ、チョコなどが挟ま...
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
普通のバターではありません。
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...