本物の「バターライス」の価値を知るとき

チャーハンはそれだけで単品料理として、自宅でも作って食べる。なのにフランス料理店や洋食屋さんで料理の付け合せに登場する「バターライス」は、日常のそれではないのはナゼでしょう?

ピラフ、ではなくバターライス。

じつはこれ、基本的なポイントさえ抑えておけば、主役を張れるほどおいしく作ることができるんです。チキンソテーやハンバーグが、脇役に一転してしまうくらいに。

手間でも“ハマる”味
ポイントはこの3つ

本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイントは、この3つだけ!

01.
生米は洗わない

生米は水につけた瞬間から水を吸い始めます。吸水してしまう前に、生米にバターやタマネギの風味を移すことが大切なのです。

02.
生米をツヤが出るまで炒める

ツヤが出るまで炒めることで、「吸水」ならぬ「吸バター」させるというわけ。バターの油分を含むと、ちょうどいいアルデンテのような硬さの食感に仕上がりますよ。

03.
オーブンで加熱する

最後は鍋ごとオーブンに入れて加熱します。なるべく厚手の鍋を使うのがおすすめ。短い時間で米の中心に火を通すことで、柔らかすぎず、固すぎない食感に仕上がります。

<材料:2人分>
生米:150g
無塩バター:20g
タマネギ:1/4個
白ワイン:大さじ3
水:120cc
塩:小さじ1/2
タイム:1本

 

<作り方>
1.タマネギは粗みじん切りにし、鍋にバターと一緒に入れ弱火で炒める。
2.馴染んだらお米を洗わずに加え絡めるように炒める。
3.お米にツヤが出たら、白ワイン、水、塩を加え全体を混ぜ合わせて沸騰させる。
4.タイムを乗せ蓋をし、180度に予熱したオーブンに鍋ごと17分入れる。
5.取り出してさっと混ぜたら、10分蒸らして完成。

関連する記事

普通のバターではありません。
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
世界の味をバターで表現する「CANOBLE(カノーブル)」から、いつもの料理にチョイ足しするだけで本格タイ料理を楽しめるブールアロマティゼ「トムヤムクン」...
常温保存できるバターケース「Butter Bell」。いつでもクリームのような柔らかさにキープしてくれる。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
せっかく焼きたてのパンが用意できても、カチカチバターでは意味がありません。ということで生まれたのがこのトースター。
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
今回は奥渋にある「MEALS are DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル )」。ここのラムバターパンケーキがめっちゃ気になる!っちゅうことで...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
ディズニーが「ピーナッツバター・アンド・ジェリーミルクシェイク」の公式レシピを公開!
持続可能な漁業の普及に取り組む非営利団体「海洋管理協議会(MSC)」が、世界の有名シェフによるサステイナブルなレシピを公開中。
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
スーパーマーケット「成城石井」で再販されるたび、毎回即完売となる人気商品「いちごバター」に、あまおうのみを使用した新バージョンが登場。