本物の「バターライス」の価値を知るとき

チャーハンはそれだけで単品料理として、自宅でも作って食べる。なのにフランス料理店や洋食屋さんで料理の付け合せに登場する「バターライス」は、日常のそれではないのはナゼでしょう?

ピラフ、ではなくバターライス。

じつはこれ、基本的なポイントさえ抑えておけば、主役を張れるほどおいしく作ることができるんです。チキンソテーやハンバーグが、脇役に一転してしまうくらいに。

手間でも“ハマる”味
ポイントはこの3つ

本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイントは、この3つだけ!

01.
生米は洗わない

生米は水につけた瞬間から水を吸い始めます。吸水してしまう前に、生米にバターやタマネギの風味を移すことが大切なのです。

02.
生米をツヤが出るまで炒める

ツヤが出るまで炒めることで、「吸水」ならぬ「吸バター」させるというわけ。バターの油分を含むと、ちょうどいいアルデンテのような硬さの食感に仕上がりますよ。

03.
オーブンで加熱する

最後は鍋ごとオーブンに入れて加熱します。なるべく厚手の鍋を使うのがおすすめ。短い時間で米の中心に火を通すことで、柔らかすぎず、固すぎない食感に仕上がります。

<材料:2人分>
生米:150g
無塩バター:20g
タマネギ:1/4個
白ワイン:大さじ3
水:120cc
塩:小さじ1/2
タイム:1本

 

<作り方>
1.タマネギは粗みじん切りにし、鍋にバターと一緒に入れ弱火で炒める。
2.馴染んだらお米を洗わずに加え絡めるように炒める。
3.お米にツヤが出たら、白ワイン、水、塩を加え全体を混ぜ合わせて沸騰させる。
4.タイムを乗せ蓋をし、180度に予熱したオーブンに鍋ごと17分入れる。
5.取り出してさっと混ぜたら、10分蒸らして完成。

普通のバターではありません。
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
せっかく焼きたてのパンが用意できても、カチカチバターでは意味がありません。ということで生まれたのがこのトースター。
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
おいしいバターさえあれば、たしかにトーストだけでも十分、ごきげんな朝ごはんになります。そこで、バターを買うんじゃなくて、自分でつくってしまうというのがこの...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
厚切りトーストの真ん中にのるバターのイメージというと、どうしてもアノ四角く切ったものをイメージするはず。ですが、このバターの切り方って、じつはめちゃくちゃ...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
細長い容器に、バターをブロックのまま豪快に投入。すると、数秒でスプレー状の“バタービーム”を放てるように!コレは、冷蔵庫から取り出したばかりの「固いバター...
生春巻きをつくると、どうしても数枚余ってしまうライスペーパー。保存が効かないこともないのですが、あまり頻繁につかう食材でもないだけに…。という人にこそ、こ...
健康意識の高い人たちから、このところ注目されているのが「ナッツバター」。動物性脂肪ゼロのナッツをフードプロセッサーで撹拌するだけ。この手軽さも人気の所以か...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!