「生」と「揚げ」だけじゃない、ベトナム春巻き「第3の魅力」

生春巻き、揚げ春巻きを体験してはいても、「蒸し」があることを知っている人は意外に少ないんですよね。第3の春巻き「バンクォン」は、ぷるぷるの皮が持ち味。本来は米粉から生地をつくって蒸すものですが、ライスペーパー(生春巻きの皮)を使えば超カンタン!

ライスペーパーでつくる
“プルモチ”の蒸し春巻き

(材料:1人分)

ライスペーパー 2枚 
玉ねぎ 1/4個 
パクチー:適量
もやし:50g
豚ひき肉 50g
サラダ油:小さじ1

A ニョクマム:小さじ1/3
A 砂糖:小さじ1/2
A 塩コショウ:適量

B ニョクマム:小さじ2
B レモン汁:小さじ2
B 砂糖:小さじ1/2
B 輪切り唐辛子:小さじ1/5

 (作り方)

1.玉ねぎはみじん切りする。パクチーは3cm幅に切る。

2.フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、玉ねぎを透き通るまで炒めたら豚ひき肉を加えて色が変わるまで炒め、Aで味付けする。

3.ボウルに水を張ってライスペーパーをくぐらせたら、2を包む。

4.フライパンに水を大さじ5を入れてクッキングシートをしき、もやしを広げたら3をのせてフタをして中火で加熱し、蒸気が上がってきたら弱火で8分蒸す。

5.器に4を盛り、パクチーを添えたら、Bの材料を混ぜて添える。

※文中に登場するニョクマムとは魚醤のこと。もちろんナンプラーでも代用可能です。

脳内麻薬が炸裂しそうなカンボジアの「生春巻き」について。
生春巻きをつくると、どうしても数枚余ってしまうライスペーパー。保存が効かないこともないのですが、あまり頻繁につかう食材でもないだけに…。という人にこそ、こ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
ここに紹介する動画には、ハロン湾の豪華クルージングの様子も、世界遺産ホイアンのランタン祭りも、カイランの水上マーケットも、コロニアル様式の美しいホーチミン...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。...
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
パン作りは発酵が手間、というイメージがあるかもしれません。そこで「春巻きの皮」を代用して、面倒な発酵作業を一切省いたベーコンエピのつくり方を紹介します。あ...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
体にまとわりついてくる湿気のなか、グラスにタピオカ、フルーツ、白玉やあんこを添えてココナッツミルクのソースがかかった「チェー」をいただく。恐ろしく甘い、で...
タイ料理やベトナム料理が好きな人にとってはパクチーは欠かせない香草ですよね。世の中にはパクチー専門のレストランもあるくらいで、最近では抗酸化作用がアンチエ...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...