「ベトナムの商人」は、こんなにもフォトジェニックだった。

ここはベトナムの首都ハノイ。自転車の前後に色とりどりの花やフルーツを乗せた商人たちは、この街ならではの風景のひとつでしょう。

以下の写真は、そんな“カラフルな日常”を真上の視点から切り取ったもの。フォトグラファーLoes Heerinkさんが、橋の上で何時間も待機して撮影した力作なんだそう。

視点を変えれば
「新たな美」に出会える

これらの作品をまとめた写真集の販売を目指し、「Kickstarter」でクラウドファンディングを実施中のLoesさん。私たちの身の回りにも、視点を変えればより美しく見えるものがあるかもしれません。

Licensed material used with permission by Loes Heerink
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...