感情は、真空パックで保存できないから。

 

「いまこの瞬間、心のなかにうまれた感情を、ずっと覚えておきたい」

最近、いろんな出来事がドラマチックに起こるものだから、以前にもまして、強く、そう思っています。「感情を真空パックで保存できたらいいのにな」とか考えたりもして。

まあ(笑)それはできないから。記憶が鮮明なうちに、どれだけささいなことでも、その時いた場所やかわした言葉、あらゆることをとにかく書き留めるようにしているんです。

彼女にしてみれば

 

けれど、ベトナムで活動するフォトグラファーYatenderにすれば、言葉よりも写真のほうが、そのときの感情をより鮮明に記憶できるのだそうで。

 

写真は、自分の感情を表現するいちばんかんたんな方法。言葉ですべてを表現することはできないわ。

 

59767750876200965507278522286080542178558764646448978858795335684805389463846912620615399007846463595374727659524783983346843648654768549448908859474384477224966645214940758016

 

感情の保存方法も人それぞれってことですよね。

 

Licensed material used with permission by Yatender
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
写真を撮ることにした。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
 トップの写真の女の子みたいにちぢこまりたいときって、ある。それは、何か不安を抱えている場合が多いような気がする。不安だからちぢこまるって子どもじみてると...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
撮り続けていく中で、自分が表現したいことがわかってきた。
 写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。 というフォトグラファーRita Lino。過去に記事で紹介した『In Betw...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...