わたしよりも「わたし」を知ってる。そういう存在。

 

カメラは、わたしよりもわたしのこと知っていて。
鏡よりもありのままのわたしを映しだしてくれるの。

 

 

写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」を探求し続けているフォトグラファーRita Lino。これは、彼女が20歳のころから10年間にわたって撮影してきた、セルフポートレイトの一部です。

 

 

 

Licensed material used with permission by Rita Lino
andmore
他の記事を見る
 こころが不安定なときに取ってた行動って、振り返ってみればゾワゾワ寒気がしてしまうこと、多くないですか?わたしはそうで。だから、基本的には振り返りたくない...
 写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。 というフォトグラファーRita Lino。過去に記事で紹介した『In Betw...
撮り続けていく中で、自分が表現したいことがわかってきた。
“親しさ“と“からだ”と“わたしだけの空間”と“女性らしさ”。
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
昨年まで〇〇会社に勤めていたわたし、リツ(偽名)。わたしが以前、働いていた会社には“変なヤツ”が多くいました。そのため、いつもゴタゴタと次から次へと問題が...
 トップの写真の女の子みたいにちぢこまりたいときって、ある。それは、何か不安を抱えている場合が多いような気がする。不安だからちぢこまるって子どもじみてると...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
本能のままに、うちからわいてくる衝動のままに。
青春って、べつにキラキラしてないんだよなあ。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
「出会えたよろこび」、「離れてしまったかなしみ」の中にいる人へ。
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
目玉焼きで乳首を表現してるの。