エロいけど、大真面目です。

 

写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。

 

というフォトグラファーRita Lino

過去に記事で紹介した『In Between 2007 / 2017』と『Double』とは違って、今回の『Poraloid Diary』は、すべてポラロイドで撮影したセルフポートレイトです。

 

 

彼女の「自分さがし」は、これからも続きます。

 

Licensed material used with permission by Rita Lino
 こころが不安定なときに取ってた行動って、振り返ってみればゾワゾワ寒気がしてしまうこと、多くないですか?わたしはそうで。だから、基本的には振り返りたくない...
ていうか、そもそも「エロい」ってなんだっけ!?
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
本能のままに、うちからわいてくる衝動のままに。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
“親しさ“と“からだ”と“わたしだけの空間”と“女性らしさ”。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
撮り続けていく中で、自分が表現したいことがわかってきた。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
「ポラロイドカメラ」や「チェキ」って、撮った後すぐに写真が出力されて便利ですよね。このタイプのインスタントカメラを使ったことがある人は、その味のある写真や...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。