ふざけてません。大真面目です

 

ボストンを拠点に活動するイラストレーターAmy Rossが描くのは、実在する2種類の動植物を合体させたハイブリッド生物。
これがもう、奇妙奇天烈で愉快適悦。「本当にいたら……」って考えるとすっごくワクワクしてきて、みんなにも紹介したくなっちゃった!

いろんな生物がいて、それぞれ手足のポージングまで違うから、じっくり見てみてね!

 

 

子どもの頃から自然が大好きだったというAmy。実存するすべての動植物の相関関係の上で現在の生態系が成り立っていることを、簡潔かつファンタジックに表現しようと考えた結果、今のスタイルにたどり着いたんだって。

 

 

わたし、中学生の頃、小難しい図解ばかり見なきゃいけない生物が大っ嫌いだったんだけどね。こんなユーモラスなイラストが教科書に載っていたら嫌いにならなかったかもな〜、なんてね!

新作が楽しみだよ、Amy!

 

Top Photo by Amy Ross
Licensed material used with permission by Amy Ross
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしい気も。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまうほど感動がある。はじめに女の子が鍵盤を踏み、いい大人たち...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。