ふざけてません。大真面目です

 

ボストンを拠点に活動するイラストレーターAmy Rossが描くのは、実在する2種類の動植物を合体させたハイブリッド生物。
これがもう、奇妙奇天烈で愉快適悦。「本当にいたら……」って考えるとすっごくワクワクしてきて、みんなにも紹介したくなっちゃった!

いろんな生物がいて、それぞれ手足のポージングまで違うから、じっくり見てみてね!

 

 

子どもの頃から自然が大好きだったというAmy。実存するすべての動植物の相関関係の上で現在の生態系が成り立っていることを、簡潔かつファンタジックに表現しようと考えた結果、今のスタイルにたどり着いたんだって。

 

 

わたし、中学生の頃、小難しい図解ばかり見なきゃいけない生物が大っ嫌いだったんだけどね。こんなユーモラスなイラストが教科書に載っていたら嫌いにならなかったかもな〜、なんてね!

新作が楽しみだよ、Amy!

 

Top Photo by Amy Ross
Licensed material used with permission by Amy Ross
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...