優雅な「きのこ」

 

奇妙すぎます。Amy Rossのイラスト作品。中世ヨーロッパ絵画のようなテイストで描かれた人間のからだのパーツと、きのこのパーツが合体しちゃってるんですよ?

わたし、最初に思ったのが「きのこなのに優雅じゃん」ってことで。まさか、きのこを「優雅」と形容する時が来るなんて。きのこに、ねえ。

 

6518172056289280541640047040921666124514202746885860177429397504649676288583270460264886629826565389142460465152651504236730777647272438760734724661410617360384

 

 

Licensed material used with permission by Amy Ross
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
キノコの真のポテンシャルの高さを知りました。
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で開催されるツアー「気になる小さな世界」。渓流を普通に歩いているだけでは決して目にすることのない「小さな世界」ですが、奥...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
ふざけてません。大真面目です
見た目は「サイコロステーキ」。でも実は「ひき肉」と「えのきたけ」なんです。まるで精進料理みたいなモドキ感。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布も...
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
海外を旅しながら必ず立ち寄るのがスーパーです。現地の人に混じって訪れると、土地ごとの特徴が色濃く現れた生鮮食材、お惣菜、お菓子、缶詰。知らぬ間に時間が過ぎ...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
カナダのブリティッシュ・コロンブアや米ワシントン州の海岸線に広がる海のことを「Salish Sea」と呼びます。自然豊かな島々が点在し、豊かな生態系が維持...
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。