スーパーマリオの「きのこ」を完全再現するキッチンツール

海外を旅しながら必ず立ち寄るのがスーパーです。現地の人に混じって訪れると、土地ごとの特徴が色濃く現れた生鮮食材、お惣菜、お菓子、缶詰。知らぬ間に時間が過ぎてしまいます。

お土産探しにも事欠きません。なかには、こんな掘り出し物も。

ラディッシュを“きのこ化”する
その目的のみにこだわった

アメリカのスーパーで見つけたこのキッチンツール。ラディッシュをかわいいきのこシェイプにするための道具のようですが、パッケージを見るにその仕上がりは、まさしく「スーパーマリオのきのこ」そのもの!

考えてみれば、サラダに用いるラディッシュの切り方なんて、せいぜい薄切りくらいなもの。それをいかにオモシロく、楽しく見せるか。きっと、その1点だけに注力してつくられたのがこの製品なのでしょう。

ラディッシュシェイパー「Ravanello」、自分のために買いたい。

まずは、ラディッシュの葉の部分をカットして、断面をRavanello裏側中心のギザギザした穴に差し込みます。そのまま時計方向にねじると、えんぴつ削りのように皮の部分がカット。

ほぼ半分近く削れました。これで柄の部分が完成。

あとはRavanelloの先端を使って、傘におなじみの白い斑点をくり抜いていきます。

パワーアップきのこ、完成。

こういう洒落の利いたツールって、なかなか出会えないものです。見つけたら即買いレベル。と思ったら、販売元の通販サイトを見つけました。11.99ドル、悪くないでしょ?

Reference: Animi Causa
Top image: © Animi Causa
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...