「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

お肉でも魚でも、食材を冷凍庫で保存しますが、解凍ってどうしてますか?

本来は、自然解凍がいちばんなんでしょうけど、そうも悠長にしていられない。なんてとき、どうしてもレンチンに頼ってしまう私。でも、これが意外に難しくて、余分に熱が入ってしまった…よくある話ですよね。

だから、こういうキッチンツールに“目がテン”になったのかも。

通常の2倍の速度で
解凍するトレイ

溶ける。

6084577961443328

溶ける。

4951700209139712

じわじわ、溶ける。…らしい。

実際に使ったわけじゃないので何とも言えませんが、この「YT TOUCH」という名のトレイ、解凍したい食材を乗せておくだけで、通常の2倍の速さで解凍できるというのがウリ。

伝熱性が高いアルミニウム製

なるべくなら冷凍する前の状態に速やかに戻したい。水につけてはうま味を逃してしまいます。そこで、「YT TOUCH」が着目したのは、伝熱性の高いアルミニウムでした。

一般的なまな板の上で解凍するよりもスピーディーに、食材をもとの状態に戻すことができるんだそう。

5588269794328576

アルミニウムの特性を活かしただけ。もちろん電気は使用しません。上の写真はステーキ肉を解凍した場面でのもの。厚みがあって通常ならば4時間近くかかるお肉が、およそ30分ほどでご覧の通り。

たしかにこれは大きい。
もちろん、ワット数と時間を気にしながらレンジを上手に使えばいいことかもしれない。でも、これならば他の調理をしている間にトレイに乗せて解凍、が現実的じゃないですか。

6661845456781312

そうそう、溶け出した水分はトレーに空いた穴から下に流れ出る仕組みになっていて、食材がベタッとなったり、汚れを気にする必要もないみたい。

5044807449706496

トレーとしても使える取っ手付き

4948626757386240

まな板にしてもOK

60745266642288645472301785022464

料理が楽しくなりそう。

「YT TOUCH」で検索してみてください。

Licensed material used with permission by Yeti Touch
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
宅飲み、家飲み派の人がとても増えているみたいですね。確かに、終電の時間や酔い具合を気にせず楽しめるし、気心の知れた人とまったり過ごす時間は、特別なもの。そ...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
あなたにとって理想のキャラメリゼとは、そもそもどんなもの?とろとろとした甘いもの?それとも玉ねぎの形がしっかりの残っているもの?つくりたい具合によってこう...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。