1本で2本分の価値、「二刀流」のピーラーに惚れた

いくら利便性を謳われても、ツールとしてデザイン性も兼ね備えていてくれないと、なかなか「これだ!」と手に入れたくならないのがキッチンツール。はい、面倒くさいヤツと自覚している。

例えばここで取り上げるビーラーひとつとってもそう。グリップがファンシーなパステルカラーである必要、一体どこにあるんだろう。なんてね。

そういう、どうでもいいかもしれない部分が、案外重要だったりする。男にとってはね。

惚れたのは、材質よりも“二刀流”

5351191055695872
© Warren Simpson

どうですコレ?無骨な男の手になじみそうなマテリアル感、いい線いってるでしょ。材質は軽くて丈夫なチタン製。そう、わざわざチタン。フライパンやカトラリーに、チタンを用いた製品が増えていますが、特にアウトドア仕様ってわけではなさそう。

まあ、基本はピーラーですから、やることと言ったら「皮をむく」ひとつ。けれど、「Titanium Fine Grater」はそれだけじゃない。

そう、惚れたのは素材よりもむしろコッチ。

こいつ、いわゆる“二刀流”なんです。

4805721954713600
© Warren Simpson

皮を幅広にむく

4822121683353600
© Warren Simpson

おろし金のようにさらに細かく

5939076381278208
© Warren Simpson

上下でモノが違う?は、ご愛嬌。この動きを見てもらいたかったもので。でも、1本のピーラーに皮むきとおろし金、2つの機能が付いたタイプももちろんある。

大きめ野菜や大根、ごぼうといった長い野菜の皮むきに適したT字型の幅広タイプほどの一気にツルん、はないかもしれない。が、ナイフでむくのと同じように、奥から手前にスーッと皮をむいていく扱いやすさは、これとて引けを取らないはずだ。

5989923828006912
© Warren Simpson

継ぎ目がなく衛生的というのもいいし、カトラリーのなかに混じっても遜色ないではないか。右利き、左利きとどちらも用意されているというのも地味にうれしい。

5943173444534272
© Warren Simpson

調理道具というよりもギアとして手元に置いて、同じ料理好きな仲間たちを招いた席で、チラッとそれらしく使ってみたりする。「お、何それ」みたいな。バカバカしいだろうけどさ。そういうのキライじゃないって人だけ、どうぞこちらから。

Top photo: © Warren Simpson
Reference: Warren Simpson
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
厚切りトーストの真ん中にのるバターのイメージというと、どうしてもアノ四角く切ったものをイメージするはず。ですが、このバターの切り方って、じつはめちゃくちゃ...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
玉子料理はなんて美味しいのでしょう。玉子は、アレンジを加えて食卓の主役になったり、手の込んだ料理で名脇役を果たしたり。もちろん、そのままでも美味しくいただ...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...