中華包丁は使いこなせない。でも、これならイケる!

中華包丁の利点って、叩いて、切って、潰してがまんべんなくてきるところ。丸い木のまな板の上でトントコ軽やかに扱う料理人のイメージがありますが、実際に持ってみるとこれが驚くほどに重い!

これが唯一のデメリットかといえばさにあらずで、家庭用とするにはあまりにデカい!こうなるともう、どんなに料理上手な人でも、中華包丁を敬遠するのは分かりますよね。

ただ、これはこれでイイんじゃないかと思うのですよ。

同じ用途
でも、木製だから軽い!

5641271569809408632225111683891249527748904878084703554178646016

重くて大きい中華包丁を再定義しなおしたプロダクトが、この「Reinvented」。最大のポイントは、刃が木製だってこと。

4531184390373376

切って、さっと包丁の腹にのっけて、フライパンの中にパッ。

ただ軽いだけじゃありません。金属で葉ものを切ると褐変してしまうことがありますが、木製ならばその心配もありません。

こんな使い方も
中華包丁ならでは

62056890598686725387618317500416

そうです。切るだけではなく、肉を叩いて柔らかくしたり、香辛料をつぶす際にも役立つわけです。ちなみにですが、材質はウォールナットです。

6567820166955008

軽くて、かさばらない。ゆえに自宅のキッチンでも中華包丁を気軽に使いこなせるんじゃないかなって。料理の幅がぐんと広がりそうな「Reinvented」でした。

Licensed material used with permission by Maison Milan
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
まさか、包丁がリング状になるなんて…。と思わず感心してしまいますが、よくよく考えてみれば、転がしてピザを切り分ける時のナイフも丸型。でも、あの感覚で何でも...
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
見えすぎっていうのも…考えものです。あ、台所の話です。
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していな...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...