もう包丁なんて、怖くない!

例えばささくれだった木材を扱うとき、刃物を使って木工作品をつくるとき、あるいは割れたガラス製品の処理に。そんな場面で活躍するのが軍手、あらゆるDIYシーンにおいて、何かと重宝するあの作業用手袋に瓜二つの商品を紹介します。

ところが、こちらは主にキッチンでの使用が前提。まあ、見てくださいよ。その意味がわかるから。

「指をザクッ」に、さようなら

のっけから、ちょっぴりエグい絵で失礼しました。でも、これは衝撃。極端な例としてですが、ここまでしても生地はおろか指も切れない。こんなことが……あり得るんです。

日曜大工でも始めそうな見た目は、まんま軍手。
ところがその繊維が凄かった。

伸縮性に富み老化しにくいことから、加圧シャツなどに用いられるポリウレタン系の合成繊維スパンテックスに加え、超高分子量ポリエチレン、さらにはガラス繊維など、とにかくタフな繊維を組み合わせた最強クラスの素材でつくられているのが、この手袋なのです。

皮革より4倍強い!

もちろん、こんな代物を扱うのは専門店です。手がけたのはDIY用のアイテムを展開する、アメリカのメーカー<NoCry>。膝をついて作業するためのニーパッドや、保護メガネ、ワークエプロンなどがメイン商材のなかに、このグローブがありました。
皮革よりも約4倍の強度にもかかわらず、軽量で薄く、伸縮性があり、手にもしっかりフィットするんだそう。

本来であればDIYに用いるであろう性能のものを、あえて台所シーンで。料理初心者にも、包丁の使い方がおぼつかない子どもにも、これまでにない安心・安全がここにあります。

さすがに、よほどの料理初心者でもない限り、両手にはめての調理(そもそも包丁を持つ手はよくない?)は、逆に動きづらそうですが……転ばぬ先の杖といったところでしょうか。

1組10.99ドル(キッズサイズは9.99ドル)。毎度、絆創膏が必要な人には、こっちの方が経済的かも?公式サイトよりどうぞ。

Top image: © Nocry.com
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
今からおよそ5000年前、人類は車輪を手に入れ、物資の運搬や人の移動手段は大きな変化を遂げました。そして現代。車輪の技術は、いよいよキッチンツールにも応用...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していな...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
ペペロンチーノはそれなりに時間がかかるのです。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...