「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。

初めて料理をしたこと、覚えてますか。僕の場合は、小学生の時に家族でキャンプに行った時。なかなか母親が包丁を持たせてくれなくて、「包丁つかうー、切るー!」と駄々をこねたことを思い出します。

今になって思うのは、

やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖い
大人でも、料理初心者の包丁使いにはハラハラする

ということ。
でも、何事も継続しないと上達なんてできない!
だからこんなアイテムが1つあるといいかもです。

「指をザクッ」に、さようなら

5370005730361344

そう、切れない手袋です。

6010112892207104

皮革より4倍強い!

日曜大工中かな?と思うくらい、なかなかイケてない見た目ではあるものの、超高分子量ポリエチレンやガラス繊維、スパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)など、強い繊維を組み合わせた素材でできているこの手袋。

DIY用のアイテムを発売するブランド〈NoCry〉の商品。皮革より4倍強いにもかかわらず、軽量で薄く、伸縮性があり、手にしっかりフィットするようです。

651175581135667264887198884823044682168462737408

子どもの興味にも
安心して応えられる

サイズ展開も豊富で、子ども用もあるため、食材切りなど下ごしらえも安心して子どもに任せられそう。

せっかく子どもが興味を示したのであれば、可能な限りそれに応えてあげることは親の務め。子どもの自立心を養うきっかけにもなるかもしれません。

今夜は家族みんなで料理を作ってみては?

5987098712604672
Licensed material used with permission by nocry.com, Instagram, Facebook
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...