ご飯を食べる前に、「命」についてじっくり考えよう。

スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していないことに気づいたんです。

そして、そんな自分がちょっと怖いなって。

命の重さと向き合おう。

北京で活動するアーティストLi Hongboさんは、鹿でもカエルでも「生き物はなんでも食べる」という中国の一部の食文化について、思うところがあるようです。

「必要以上に食べ過ぎてしまうのはよくないし、それを続ければ人間もいずれは滅びてしまう」

彼は、もっと人々が食べることの大切さを考えられるようにと願いを込めて「The Shadow of Knives Series」と名付けたこのシリーズを作りました。

アジア特有の包丁を彫刻にすることで、人々はパッと見て「食」を連想すると言います。そこから、冷たい金属になった動物たちと向き合って欲しい、と。

ここで「食肉」の是非について問いたいわけではありません。ただ、一つひとつの命としっかり向き合えば、「食べる」ことの大切さを改めて感じられると思うんです。

Li Hongboさんの作品を知ることは、そのひとつのきっかけになるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Contemporary by Angela Li
andmore
他の記事を見る
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
もしも自分が、その手で触れた動植物は皆死んでしまう死神だったら……なんて考えたことあります?この作品『The Life of Death』の主人公は死神。...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
Art&Almondsさん(アーティスト名)が描いた絵は、「動物は種類に関係なくどれも生き物である」という、ある意味当たり前のことを表現している。複雑にな...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
「腹八分」という言葉がありますが、どうして人はこれを超えて食べ過ぎてしまうのでしょうか?本当の意味での“飢え”とはなんなのか。「The School of...
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
当然だけれど、味がしなくなるのは勘違いではない。人は緊張・ストレス状態によって、味覚が変化してしまうのだ。(詳しく知りたい人は『日本官能評価学会誌』の論文...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...