大阪でただひとり。現役「刀鍛冶」が、包丁を鍛錬する姿を見にいこう。

あなたは今、どんな庖丁(ほうちょう)を使っていますか?きっと、百貨店やスーパーで販売されている量産品のものを使っている、という方が大半だと思います。今回のテーマは、そんな毎日の食卓を彩る「庖丁」について。

伝統技術により、ひとつずつ手作業でつくっている風景を撮影させていただきました。

人の手によってしか
生み出せないもの

さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最たる例です。

大阪府堺市で鍛冶職人として活躍している水野淳さん(40歳)も、そのうちのひとり。今では大阪で唯一の現役刀鍛冶でもあり、「水野鍛錬所」では、毎年11月に刀の公開鍛錬も行なっています。

ちなみに、堺市は昔から刃物が有名で、大阪市と堺市を結ぶ路面電車の沿線には、昔ながらの町並みもまだまだたくさん残っています。そのフォトジェニックな風景を求めて町を歩いていると、海外からのお客さんとすれ違うことも少なくありません。

くいだおれの街「大阪」。その名を根っこから支えているのは、この「堺の庖丁」なのではないか、と水野さんの姿を見て感じたのです。

「うちの庖丁を持ってもらったら、何年も使ってもらえるから。もう一生もんやね」

こちらの写真、右から順に庖丁の加工工程順に並べられています。鉄を熱し、 鋼を付けたあと850度に熱しながら鍛錬し、ベースとなる形を作っていきます。 

「いい庖丁がプロの料理人の腕を引き立たせてくれるからね。板前さんの人生がかかってるわけやから、ボクらも丁寧に作っています」

響く音と対話するように熱した鉄を叩く姿は、思わず息を飲みます。

「自分で言うと嘘になるかもしれないけど、まぁまぁ修行はやったかなぁ(笑)。やっぱり失敗もするしね。失敗を繰り返してうまくなっていくものだから」

水野さんは、「鍛冶職人」という職業について広く知ってもらうための活動も盛んに行なっていて、旅行会社のツアーや、修学旅行で訪れた学生に対しての作業現場の見学なども随時受け付けているそうです。

「修学旅行生の引き受けも、ボクの代から始めたんです。地場産業として、こういう仕事もあるんですよ、って知ってもらうためにね。社会奉仕の一環です。大人の遠足みたいな感じで、今日はこのあと40人来るんよ。役所が観光名所にしてくれてるらしいわ」

取材協力:水野鍛錬所
Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
今からおよそ5000年前、人類は車輪を手に入れ、物資の運搬や人の移動手段は大きな変化を遂げました。そして現代。車輪の技術は、いよいよキッチンツールにも応用...