保護猫カフェを併設した宿泊施設「ねこ浴場&ねこ旅籠」が大阪にオープン

Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺められながら眠ることができるホテル「ねこ旅籠」がオープンしたという。

保護猫カフェからガラス1枚向こうは、ドミトリータイプのホステル。夜間はお互いのプライバシーのためガラス越しでの交流となるが、宿泊客は「猫様たちの観察対象」として一夜を過ごすことになる。

好奇心旺盛な猫たちは、キャットウォークからホテル室内を覗き込んでくるかもしれない。ガラスを叩くなどの驚かせる行為や、フラッシュ撮影は禁止だが、室内からおもちゃを振って目の前までお呼びするもよし、リモコン遠隔操作のおもちゃで猫様の興味を引くもよしだ。

なお、宿泊費用には昭和レトロな銭湯をイメージした猫カフェエリアの2時間パスが含まれるが、これによって閉店後や開店前の猫のお世話、お掃除タイムにも猫様たちの遊び相手として猫部屋に入れる特別待遇も付いているのだという。

ところで、カフェにいるのはみな里親さんを探している保護猫。一泊の滞在中に相性を確かめ合いながら、もし、あなたを観察していた猫様からスカウトを受けた場合は、是非「よろこんで!」と言ってご自宅に迎え入れてほしい。

日本中の猫に、幸あれ。

©2019 株式会社ネコリパブリック
©2019 株式会社ネコリパブリック
©2019 株式会社ネコリパブリック

ねこ浴場&ねこ旅籠

【公式サイト】https://www.neco-republic.jp/necoyokujo.html

Top image: © 2019 株式会社ネコリパブリック
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事