原価なんて気にしない。職人が本当に作りたいお菓子をつくるブランド「TEMAHIMAN」

「本当は原材料費、人件費は考えず、手間暇かけて本当に美味しいお菓子だけを作りたい」

そんな想いを持つお菓子職人たちが、みずからの情熱と技を注ぎ込んでつくりあげた「自分史上最高傑作」。それが今回紹介する「TEMAHIMAN」というブランドのお菓子だ。

第1弾は、ナッツを愛する職人が、上質なアーモンドを一番おいしく食べてもらうために作った贅沢なアーモンドバー。主役のアーモンドはもちろん、ココナッツやクランベリー、パンプキンシードまで、素材は全世界のさまざまな産地や種類から、質も状態もベストなものが選ばれた。

現場では、職人が毎日アーモンドを食べて状態をチェック。また、アーモンドを固める自家製の糖蜜は、カリッとした絶妙な歯ごたえを作り上げるため、混ぜ込むタイミングを秒単位で管理しているという。

最後の仕上げも、職人自らの手で行う。アーモンド一粒一粒の密度にこだわり、一番美味しくアーモンドを食べられるように、そのバランスをつきっきりで確認。驚くほど手間がかかっているのだ。

©2019 株式会社マルシゲ

「TEMAHIMAN」開発のきっかけは、ナッツをこよなく愛する職人、木谷さんのこんな言葉。

「選び抜いた最高の素材と数10年培ってきた技術、ここにこれでもかというほどの手間と時間をかけてつくった、原材料費や人件費をまったく無視したお菓子。それを全国に届けられたら、俺は死んでもいい」

木谷さんが「これ以上ない!」と唸ったアーモンドバーは、5個入りは850円(税別)、8個入りは1,280円(税別)。お菓子職人の夢が詰まった一品。その違いは、ひとくち食べればわかるはず。

©2019 株式会社マルシゲ
©2019 株式会社マルシゲ

TEMAHIMAN

【公式ホームページ】 https://www.marushige.co.jp/temahiman

Top image: © 2019 株式会社マルシゲ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
大切に作られたものだから、大事な人に贈りたくなる。そんなお菓子です。
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...