京都の料亭がつくる「ちりめん」のお菓子

台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから。一服の中国茶のおもてなしを受けると、心の距離もとたんに縮まる。

そんな彼らに喜んでもらおうと、毎度頭をひねるのが「手みやげ」だ。ところが研究熱心な彼らは、日本各地のお茶どころをたずねたり、茶道の源流をたどる旅を通して、日本の味覚にも造詣が深い。こちらは、毎回いただく中国茶に合うような“お茶請け”を見つくろって、なんて考えるものだから、さらに自分の首がしまってくる。

でも、これはいいものを見つけた。創業安政三年(1856年)下鴨茶寮の「ちりめんナッツ」

京都の料亭がつくる
プリミティブなお茶請け

文字にして説明するよりも、写真を見たほうがイメージはつきやすい。このお菓子はナッツとドライフルーツにちりめんじゃこ、さらに山椒を加えて飴で固め、1粒ずつていねいに手で丸めたもの。おこしのそれに近い。

クルミ、アーモンド、カシューナッツ、パンプキンシード、ブルーベリー、クコの実、ちりめんじゃこ、山椒を1粒ずつていねいに手作業で丸めていく。

美容や健康に意識が高い人でなくても、栄養豊富なナッツやドライフルーツを間食に選ぶ人は多い。では、ちりめんナッツがそうしたダイエット系のお菓子かといえばさにあらず。

京都土産の定番ちりめん(もちろん下鴨茶寮で製造)や粉山椒をまぶしてあるため、過度に甘すぎず、奥行きある中国茶の香りを消してしまうこともない。口元に近づければ、涼しげな山椒の香りがし、噛めば小気味よく砕けていく食感がたまらない。

また、「和・洋のあらゆる主役に合わせられるお菓子」の言葉通り、ビールやスパークリングワイン、または食前酒のお供にアペタイザーにしても悪くない。

料亭の「ちりめんナッツ」5個入り(1,080円・税込)、8個入り(1,620円・税込)なら、手みやげとしてもちょうどいい価格帯ではないだろうか。下鴨茶寮オンラインショップはこちらへ。

Licensed material used with permission by 下鴨茶寮
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」。旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッ...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
夏を快適に過ごすためのマスクをまとめてご紹介。息苦しくない、蒸れない、通気性がいい洗える、というマスク探している方は必見です。もっと暑くなる前に、夏用マス...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
京都の人気料亭・下鴨茶寮が発売した次世代型調味料「粉しょうゆ」。この度、人気デザイン事務所nendoとのコラボレーションにより粉しょうゆ専用の容器が開発・...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
今春3月27〜29日の3日間、京都発の新たな都市デザインビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」が開催される。場...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...