あの人気者を超えられるかもしれない「粉しょうゆ」

不思議な形のこれ、じつは「醤油差し」。しかも、中に入っているのは粉状の醤油。2015年1月に京都の下鴨茶寮が発売した「料亭の粉しょうゆ」という商品だ。

こだわりの味の素晴らしさに加え、粉状ならではのメリットもたくさんあるマーベラスな粉しょうゆ。

その容器が、この度、人気デザインオフィス「nendo」とのコラボレーションによって、機能的でCOOLに生まれ変わった。これさえあれば、アノ人気者を超えられるかもしれない…。

3db61f3840c4d47b03189acbe0eae25b4c1d78f5

なんだ?「粉しょうゆ」って。
改めてその魅力をどうぞ

65bcd0ede3df54031ec43f788556d352586ce02f
Photo by Akihito Yoshida

醤油がいつの間にか粉になっていた。

粉になった、と聞いて個人的に嬉しかったのは、服についたりハネたりしてシミになる心配がないこと。でも、メリットは他にも色々ある。

例えば、かけた食材が湿ることがないので食感に影響しない。軽量なので、贈り物にしたり旅行のお供にもしやすい。さらに、料理にかけた見た目が上品で美しい、などなど。いいことたくさん。粉しょうゆは、いわば進化系調味料だ。

新発売の柄杓系容器は
震えるほどに使いやすい 

9ca49b295a378a60c8322065f5845187d09cce60
Photo by Akihito Yoshida
A75f10f9cb42d3831b0935861c50585fe41e45d2
Photo by Akihito Yoshida

そして、粉しょうゆ専用の容器にも「進化系」が登場したのだ。

このちょっと不思議な形状は、茶事や神社の手水舎などでも使う柄杓の形状をヒントに考えられている。

オシャレ、でもそれだけじゃない。料理に振りかける前に、容器の椀(開口部)に適量を出してかける量を確認することができるので、調味料あるあるともいえる「特盛の悲劇(力加減を謝って想像を絶する調味料が食材にかかること)」を防ぐことができるのだ。

使い方も簡単。やわらかな手首の返しによって、食材にまんべんなく振りかけることができる。

調味料をCOOLにかける
と聞いて思い出すのは…

Cb1081c4b68b51527c489fa8529c09e4090caff9

ここで思い出した。「トルコの塩振り王子」。彼は、最近、食材に塩を振りかける姿があまりにもセクシーすぎて、巷の女子たちを腰砕けにした罪な男である。

だけど、もしかして、今回紹介した進化系容器を使って、卵かけごはんへ華麗に粉しょうゆを振り下ろせば、次はあなたが「粉しょうゆ振り王子」と呼ばれることになるかもしれない(ゴロ悪いけど)。

食卓へ驚きとトキメキを

A1da3bc80372e03b47274affcb4b45b6d1f263c5
Photo by Akihito Yoshida

最後にもうひとつ。容器内で粉しょうゆが移動する様にも注目してみてほしい。

椀の所に、振りかけたあとに残ったり、詰め替え袋から入れられたりした粉しょうゆは、持ち手の簡単な傾きのみで容器の奥へと入っていく。サラサラと移動するそれは、京都を流れる小川のせせらぎさながらだ。

何度も検証を繰り返すことで導き出されたベストな椀の大きさや首の傾斜。それが、この「戻り姿」の美しさを演出しているのである。

大事なお客様をおうちごはんに招いた時はもちろん、家族とのいつもの食卓や、今日はキメるぜ、の時。

様々なシチュエーションで、是非このこだわりの容器と粉しょうゆの意外性に加え、あなたの自慢の手首スナップを披露して、みんなをメロメロにしてほしい。

Top Photo by Akihito Yoshida
Licensed material used with permission by 株式会社下鴨茶寮, 有限会社 nendo
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから...
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
忙しい朝の強い味方、たまごかけごはん(TKG)。卵は体に必要な栄養素のほとんどがバランスよく含まれている完全栄養食です。時間がない時こそ、しっかりと栄養を...
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...