世界一フシギな「しょうゆ皿」はこちらです。

日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。

これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がすごい』や『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿。』など、遊び心あふれるプロダクトをデザインしていて、何度かTABI LABOでも取り上げさせてもらいました。

新作は
Kawaii「しょうゆ皿」

そして今回発表された新作はなんと、しょうゆ皿「Soy Shape」。お醤油を入れると、その濃淡で立体的に見えるという、なんとも不思議なお皿なんです。

基本的にはお皿に醤油が入っているだけなのですが、立体的に見えるところが新しい!

「不可能図形」を
醤油で描く

お醤油で描かれているちょっと変わった図形は、絵に描くことはできるけれど現実には存在しない「不可能図形」と呼ばれるもの。

三角形は「ペンローズの三角」と呼ばれる有名な錯視のひとつ。四角のほうも巧妙に3つの立方体が組み合わさっていて、じっと見ていると浮かび上がってくるような立体感です。

ちなみにこちらはメイキング・オブ・醤油皿。日本の職人がひとつひとつ手作りし、そしてショットンさん自らがひとつひとつ箱詰めしている姿を見ると、思わず欲しくなっちゃいますね。素材は、岐阜県で作られている日本製の白磁でできているそうです。

日本語で、日本円で
「Kawaii」が買える

この醤油皿をはじめ、ショットンさんのデザインした「Kawaii」プロダクトが購入できる日本語ウェブサイトがオープンしたそうです。もちろん日本円でに決済も可能。

これを機会、見ているだけでなんだか楽しい気持ちになってくるデザインを、生活に取り入れてみては?

Licensed material used with permission by Duncan Shotton
思わず「かわいい!」とつぶやきたくなる、天体モチーフのピン。この宇宙ピンを作り出したのは、日本の「Kawaii」に魅せられ、東京を拠点に活動しているイギリ...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
京都の人気料亭・下鴨茶寮が発売した次世代型調味料「粉しょうゆ」。この度、人気デザイン事務所nendoとのコラボレーションにより粉しょうゆ専用の容器が開発・...
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
ボルトカッターで切ろうとしても15トンの圧力が必要で、接合部は航空宇宙産業で使用される硬化鋼を採用しており耐候性があって錆びにくいほか、ピッキングやドリル...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...