世界一フシギな「しょうゆ皿」はこちらです。

日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。

これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がすごい』や『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿。』など、遊び心あふれるプロダクトをデザインしていて、何度かTABI LABOでも取り上げさせてもらいました。

新作は
Kawaii「しょうゆ皿」

そして今回発表された新作はなんと、しょうゆ皿「Soy Shape」。お醤油を入れると、その濃淡で立体的に見えるという、なんとも不思議なお皿なんです。

基本的にはお皿に醤油が入っているだけなのですが、立体的に見えるところが新しい!

「不可能図形」を
醤油で描く

お醤油で描かれているちょっと変わった図形は、絵に描くことはできるけれど現実には存在しない「不可能図形」と呼ばれるもの。

三角形は「ペンローズの三角」と呼ばれる有名な錯視のひとつ。四角のほうも巧妙に3つの立方体が組み合わさっていて、じっと見ていると浮かび上がってくるような立体感です。

ちなみにこちらはメイキング・オブ・醤油皿。日本の職人がひとつひとつ手作りし、そしてショットンさん自らがひとつひとつ箱詰めしている姿を見ると、思わず欲しくなっちゃいますね。素材は、岐阜県で作られている日本製の白磁でできているそうです。

日本語で、日本円で
「Kawaii」が買える

この醤油皿をはじめ、ショットンさんのデザインした「Kawaii」プロダクトが購入できる日本語WEBサイトがオープンしたそうです。もちろん日本円でに決済も可能。

これを機会、見ているだけでなんだか楽しい気持ちになってくるデザインを、生活に取り入れてみては?

Licensed material used with permission by Duncan Shotton

関連する記事

思わず「かわいい!」とつぶやきたくなる、天体モチーフのピン。この宇宙ピンを作り出したのは、日本の「Kawaii」に魅せられ、東京を拠点に活動しているイギリ...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
京都の人気料亭・下鴨茶寮が発売した次世代型調味料「粉しょうゆ」。この度、人気デザイン事務所nendoとのコラボレーションにより粉しょうゆ専用の容器が開発・...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...