楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がすごい

以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design Studio。日本の「kawaii文化」の影響も受けているという彼が作ったのが、削ると虹が出てくる「rainbow pencils」。

削ると
見事なアーチ状に・・・

7aef88cb50d7c0cfc7430421f0e607b34053b392

芯の部分がレインボーになっている鉛筆なら「子どもの頃、使ってた!」という人も多いかもしれません。でも見てください。このレインボー鉛筆は、なんと周りの木の部分が虹になっていて、削ることによってキレイな虹が出てくる、という仕掛けになっているんです。

再生紙を使って
環境にも配慮!

E2afe55eb17e6bdaadbb29a702cb2f25cd0c9a30717f872db68cd0073c11363e344f8e280692720c

見た目の可愛さやインパクトに目が行きがちですが、実はすべて再生紙から作られているという点も見逃せません。7色(6色+外側は白か黒)の再生紙を重ねて巻いています。普段は片付けるのも億劫になりがちな削りカスですが、この鉛筆なら愛着すら湧いてきますね!

デザイナーのダンカン・ショットンさんのInstagramを覗くと、さらに遊び心が溢れる写真がたくさん並んでいます。ちなみに、3本パックで850円。日本語のショッピングページもあるので、家族や友達へのプレゼントにいかが?

Happy Friday Everyone! . #RainbowPencils

Duncan Shotton Design Studioさん(@_dshott)が投稿した写真 -

Licensed material used with permission by Duncan Shotton Design Studio
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
思わず「かわいい!」とつぶやきたくなる、天体モチーフのピン。この宇宙ピンを作り出したのは、日本の「Kawaii」に魅せられ、東京を拠点に活動しているイギリ...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...