今日は、鉛筆から「雪」が降る。

白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。

それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。

鉛筆と雪の結晶の
意外な共通点

813742d30e4d75ba2ac47901d1ecfd1b7699d74a

そう、六角形は六角形でも、「雪の結晶」の形をしているのです。

01ebe7b8c769bbdb9ee14878d42c874d6ea3048a

軸に細かい粒子が混ざっていて、キラキラと光ります。

34aef97e1589e7ad318b08f7002e86cc47c477cb

この削りかすは、なんだかマジマジと見つめてしまう。

733c4fa1ce5b6c020d21dccae4380a795793e79fE11e137dfe9f1b511f5bb3ae9c115b62c6a5b185

背景までも、美しい。

Ee2d9a173b256469b61794e747322bc147542ea3

雪色鉛筆では、木材ではなく廃棄古紙を原料にしたエコな新素材を採用。通常の鉛筆は、製造時に木材の多くがロスになってしまいますが、こちらは古紙をリサイクルできるうえ素材に無駄が出ません。

3色+鉛筆削りがセットで、1,200円(税別)。

今の時期には、ちょっとしたギフトにも◎です。

B9cb0034b9fb5709b4064b165802407a737c89e6

まさか鉛筆から季節を感じる日が来るとは...。

Licensed material used with permission by TRINUS
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
米造形作家による作品です。
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
地球上で最も暑い場所とも呼ばれている「サハラ砂漠」で、1月7日にまさかの雪が降り積もりました。これは過去40年で3度目の積雪。今年は、場所によって40cm...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
いつもより、少し早く家についたら。
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
夢の中に雪が出てきたことはないでしょうか。雪は自分の感情や情緒を示すといわれていますが、一概に雪といっても、様々なシチュエーションがありますよね。雪の夢に...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
雪の日にオフィスで憧れの先輩とふたりっきりに。すると──
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
15時。ふと窓の外を見たら、思った以上に世界が白くなっていてギョッとした。電車大丈夫かな、と思いながらパソコンに再び目を向けると「早帰り推奨」とバックオフ...